車に時計が無くなった本当の理由とは?

最近になってふと気がついたことがあります。「そういえば、車の中に時計がない…」そうなんです。いままで乗ってきた車には必ずと言っていいほど備えられていたあの時計が見当たらないんです。

確かにカーナビの画面の端っこの方に小さく時間が表示されていたりしますが、ほかの賑やかな表示に紛れてあまりにも存在感がありません。

それでは実用上も問題ありますし、見た目的にも寂しすぎるので、スマホをアナログ時計アプリを入れてスタンドに立ててみたりもしますが、どうもしっくりきません。

やっぱり車にだって時計があった方が落ち着く!と思うのは古い人間なのでしょうか。

車の時計はどこいった!

car-nowatch-2

ぐぬぬ!タイプ別装備とは…しかもエントリーグレードについているとは!

前に乗っていたギャラン&レグナムにもランサーにも、父親の乗っていたモンタナにもシーマにもBMWにもちゃんと時計は付いていました。

なかでもシーマの時計は特に印象的で、高級時計のようなたたずまいのアナログ時計がインパネの真ん中に誇らしげに付いていました。夜にライトを点灯すると連動してバックライトがほんわかと浮かび上がって、とてもキレイだったのを懐かしく思い出します。

それがグランディスになってから、時計が無くなってしまったんです。どんなに探しても見つかるのはナビの画面の端っこの小さなデジタル表示だけ。

最初は何かの間違いかと思っていたけれども、そうでもなさそうだったので妙に落胆してしまったのを思い出します。

釈然としないので、グーグル先生に「車 時計 無い」みたいな検索ワードでお尋ねしたところ出るわ出るわ、私と同じように困惑した迷える子羊たちの怨嗟のコトバが。(すみません…ちょっと誇張しました)

衝撃!今の車は時計が無いほうが多かった!

car-nowatch-3

レクサス最上級LSには一番良い位置にキラキラなアナログ時計が…

最近の車には、時計が無いらしいという話がたくさん見つかったので、ちょっと気になって最新車種を調べてみたら、やはり時計単独で付いているものは、余り見つけることができませんでした。

ところが、レクサスのLSやフーガ、外車の上級グレードなどにはアナログ時計が付いているのです。しかも高級腕時計のようなタイプが。

もはや車の時計というのは相当な上級装備になってしまったということなのでしょうか。

ささやかでも良いので、デジタル表示だって構わないので、見やすい位置に時計をつけてもらえないものなんでしょうか。

カーナビの表示ってモードを変えたりすると表示位置が変わったり、消えてしまったりするので今ひとつ馴染めないんですよね。

時計が無くなってしまった原因を推測してみる

car-nowatch-4

超シンプルながら最高に見やすいデジタル時計

そこに普通にあったものが無くなってしまったのには何か訳があるはずです。その本当の理由はメーカーのみぞ知るというところでしょうが、ちょっと真剣に考えてみたいと思います。

最初に思い至るのは、コストダウンでしょう。車製造のコスト削減は、本当にギリギリの数百円いや数十円単位で削っているということらしいので、時計だってリストラの候補になってもおかしくはありません。

しかしながら、それほど高くはなさそうな時計のコストを削って、引き換えに失うものと釣り合うのかは疑問で、決定的な理由ではないでしょう。

次に思い浮かぶのが、携帯電話やスマートフォンの普及に伴って、時計を必要とする人が減ってきているということです。実際に最近では腕時計をしない人も増えてきているので、もしかしたら当たらざるとも遠からじなのではないでしょうか。

でも、スマートフォンの画面をずっと時計表示させておくのには、設定変更が必要ですし、充電状態じゃないとどんどんバッテリーが減っていくので、運転中も常時確認したい用途には向かない気がします。

カーナビ時計がやはり犯人なのか?

car-nowatch-5

このカーナビ時計はまだ良心的なほうで…しかし到着予想時間がまぎらわしい!

最近の車には、カーナビが装備されているのがもはや常識で、ナビの画面の中には時計が表示されています。確かにカーナビの時計の他にもう一つ時計を着けるのは重複しているといえばその通りです。

しかも、カーナビと連動しているか、電波時計などで常に正確な時間に調整されるとかでないと、徐々に双方の時間がズレていってしまうでしょう。

だったらはじめから付けないでおけば問題ないと考えるのは当然かも知れません。

カーナビの時計がどうやら車の時計を駆逐した真犯人という見方で間違いはなさそうです。

ちなみに最近の高級車に装備されているアナログ時計はGPS信号で正確な時間に自動調整されるものが多いそうです。なにそれ、うらやましすぎるんですけど!

デジタルとアナログはどちらが見やすいのか

car-nowatch-6

この画像の中に4つほど時刻らしきものが表示されています…全部ズレてますが…わかりますか!?

でも何度も言うとおり、カーナビの時計はとても見づらかったりで、どうしても純正装備された時計が恋しいのであります。

しかもできればアナログ時計が良いと思うのです。だって小学校の教室の時計はアナログですし、時計台の時計だってアナログのことが多いように思います。

車のスピードメーターもほんの一時期、デジタル表示が流行ったこともありましたが、いつの間にかすたれて、アナログ表示が主流に戻っています。

テレビ番組でデジタル表示とアナログ表示のスピードメーターでどちらが定速を保って走れるかという実験を行っていたことがありましたが、圧倒的にアナログメーターの方が安定して速度をキープ出来ていたのを思い出します。

やはり人間、アナログ表示のほうが直感的に読み取ることができるので、安心感があるように思います。

時計においても、時間の経過が明確に形となって現れるので、ドライブにはアナログ時計が最適なのは間違いのないところでしょう。

愚痴っていても仕方がないので後付時計を探してみる

car-nowatch-7

決して高級感は感じない…けどチープとも言えない

しかしながら、どんなに時計の有用性を主張しても、家の車に時計が降って湧いてくるわけでもないので、現実的な対処として後付可能な時計を探してみることにしました。

条件は当然の事ながらアナログ時計であることです。

そうしたら、Amazonでお手頃価格で売られている、ちょうど良さそうな時計を発見しました。

この時計の良い所は、電池駆動であることです。電源コードを時計のためだけに取り回すのもちょっと面倒ですし、暗電流が流れてバッテリーに微妙に負荷がかかるのも気分的に嫌だったので電池式の中から探しました。

そしてもちろんアナログ時計なのですが、小さなデジタル時計も付いています。このデジタル時計にはカレンダーとアラームまで付いています。

最後の決め手となったのがこの時計が電波時計だということです。今まで乗ってきた車に付いていた時計ってクォーツ時計だと思いますが、それでもやっぱり徐々に狂ってしまうんですよね。3分くらい狂ってくると我慢できなくて修正するんですが、やはり面倒くさかったです。

電波時計なので、そんな面倒ともおさらばできて、いつでも正確な時間を刻んでくれるので待ち合わせなどでも安心です。

car-nowatch-8

どちらかと言うと単なるイルミネーション!?

夜になれば、ボタンを押せばLEDのバックライトがほのかに点灯します。まあ本当にほのかな、ささやかな明かりなので、なんとか時間が確認できるかなあといったレベルですが、やっぱりキレイに光るものには惹かれてしまいます。

この時計、360度、くるりと回転させることができるので、ダッシュボード上にもフロントガラスの上の方に天吊でも取り付けることができます。

電圧計や、バキュームメーターが好きな人は、メーターが一個増えたような感覚があってテンションが上がるかもしれません。

時計がなくて寂しい思いをしている同士の方にはぜひオススメしたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る