大家族の味方、最新ミニバンの人気車種ピックアップ

多人数乗車可能な広々とした車内、大容量のラゲッジスペース、見晴らしの良い運転席などなど大家族でのドライブ×旅行×レジャーでは大活躍してくれるのがミニバンです。

ミニバンブームが始まった当初より常に高い人気を継続するミニバンは、現在各メーカーから様々なモデルが販売されています。今回はその中から最新のおすすめ車種をピックアップしていきます。

トヨタ・ヴォクシー

「ヴォクシー」は2014年で最も売れたミニバンと言われている、トヨタのミドルクラス1BOX型ミニバン。

燃費は14.6km/L。新車価格:約220万円~

5ナンバーサイズながら大人7~8人が乗れる広々とした車内、スタイリッシュで若々しいデザインが魅力的なミニバンです。新型では低重心ボディやサスペンション部分も強化されており、ミニバンの弱点である安定性や操縦性も飛躍的に向上しました。

価格もリーズナブルで燃費性能も良いので、若い家族に特にお勧めのミニバンです。

トヨタ・アルファード

「アルファード」はトヨタが販売するフラグシップミニバン。

燃費は11.6km/L。新車価格:約350万円~

国内ミニバンの中では最大サイズと言える大きさとなり車内は非常に広大。またインテリア&装備の質もトヨタ・クラウンに匹敵し、国内ミニバンの中では随一と言える水準を纏っています。

エンジンには最大馬力280ps、最大トルク35.1kg・mを発生するV型6気筒DOHC「2GR-FE」を搭載し(上級グレード)、大柄な車体ながら俊敏な加速性能を発揮します。新型では低重心ボディ、サスペンションの強化、また大幅なボディ剛性の向上を施しており、更に高い次元の走行性能を持つミニバンとなりました。

デザインやハンドリングの味付けをスポーティにした姉妹車「トヨタ・ヴェルファイア」も併せておすすめです。

マツダ・プレマシー

「プレマシー」はマツダが販売するミドルクラスミニバン。

燃費は16.2km/L。新車価格:約200万円~

乗用車タイプのミニバンとなりますので、セダン、ステーションワゴンに近い走行性が味わえるのが魅力です。新型では「SKYACTIV」技術も投入され更にスムーズな加速と低燃費を持つ車に進化しました。
両側電動スライドドア、自由自在なバリエーションを組めるカラクリシートなど実用的な装備も満載です。ただし3列シートは大人2人乗車ですとやや狭さも感じるので、大人+子供の構成で利用する方向けのミニバンと言えそうです。

なおOEM提供となる「日産・ ラフェスタ」は基本スペックは同じで一部デザイン等が異なる姉妹車となります。日産のデザインやブランドが好きな方はラフェスタという選択肢も良いかもしれません。

日産・e-NV200

「e-NV200」は、日産が販売する世界初の電気自動車(EV)型ミニバン。日産としてはリーフに続く2台目の電気自動車となります。

航続距離は約190km。新車価格:約460万円~ ※補助金で最大85万円減額

航続距離(一回の充電で走れる距離)は約190kmとなり、燃料費はガソリンミニバンと比べると圧倒的に安いです。またほぼ無音の静寂性、電気自動車独自の加速感覚も魅力と言えるでしょう。
ベースは商用バンである「NV200」となっているので、インテリアなどはやや簡素な部分もありますが、電気自動車のミニバンが欲しいという方にはうってつけの車であると言えます。

ホンダ・オデッセイ

かつてのミニバンブームを牽引したホンダの大人気ミニバン「オデッセイ」。

燃費は13.8km/L。新車価格:約280万円~

先代型オデッセイは低重心・低車高の独特のシルエットを纏い、セダンにも負けない高い走行性を持つというミニバンの常識を覆す様な車でした。

これが新型では一転して車高を150mmもアップ、全体的にもサイズが一回り大きくなり再びミニバンらしい風貌に。居住性が大幅向上し大人7、8人乗車でも不満のない広々とした車内のミニバンになりました。さて気になる走行性能の部分ですが、サイズアップにより走行性能は先代を下回るかと思いきや、ボディやサスペンションの改良により先代以上にスポーティで滑らかな走りをするミニバンに進化しました。

デザインは賛否両論あるようですが、ミニバンとしての実用性+走行性能を求める方にはおすすめの車と言えるでしょう。

フォルクスワーゲン・シャラン

「シャラン」はフォルクスワーゲンが販売するミドルクラスミニバンです。

燃費は13.5km/L。新車価格:約400万円~

フォルクスワーゲンならではの上質なインテリアとなっており、走行性能もコーナリングの踏ん張りがかなり利き、国産の同クラスミニバンとは一線を画す乗り心地が体感できます。車内も広々としており3列シートも大人2人が乗っても全く窮屈さを感じません。

一点問題点を挙げるとすれば国産ミニバンと比べるとややシートの自由度が乏しいところでしょうか。ただ総合的には非常に完成度の高いミニバンであり、燃費性能も国産ミニバンとほぼ同水準となってきているので、海外ミニバンデビューにはおすすめの車種であると言えるでしょう。

もう1ランク下の「ゴルフ・トゥーラン」も用意されていますがこちらはモデル末期となっているので、価格がネックにならない方はこのシャランの方をおすすめします。

シボレー・エクスプレス

「エクスプレス」はシボレーが販売するフルサイズの大型ミニバン。

新車価格:約440万円~

ボディサイズは全長5691×全幅2018×全高2072となり、国産ミニバンは勿論、アメリカミニバンの中でも一際大きい車です。定員は8人乗車となりますが、8人で乗ろうとも余剰スペースがかなり広がります。

大衆向けとは言えませんが、迫力や存在感を求める方には一つの選択肢と言えるでしょう。

まとめ

ミニバンは5人以上で乗車する家族には必須のクルマと言えますし、例え多人数乗車しなくともその大きなスペースは荷物運びのバンとしても使えます。

燃料費や維持費はコンパクトやセダンなどと比べるとやはり高くなりますが、実用性の面ではこの上ない車と言えるでしょう。この他にもまだまだ車種はありますので、気になる方は是非調べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る