ハイブリッド?EV?次世代型自動車の種類について

少し前は「ハイブリッドカー」というだけで目新しい時代でしたが、今現在はハイブリッドカーは当たり前、他にも「電気自動車」、「燃料電池自動車」など続々と次世代型の自動車が登場してきています。

さてこういった次世代型自動車にはどういったタイプがあり、それぞれでどういったメリット・デメリットがあるのか。これについてご紹介していきます。

ハイブリッドカー

「トヨタ・プリウス」が先陣を切り、今では多くの車種でハイブリッドモデルが用意されている「ハイブリッドカー」。

さてこのハイブリッドカーとは、一言で言えばガソリン+モーターで駆動するクルマです。ガソリンで走行しつつ走行中に充電し、蓄電した電力でピンポイントでモーターを稼動。モーターを兼用する事で燃料の節約やモアパワーの恩恵を受けるというシステムが一般的です。

メリット

  • 燃費が良い(カタログ値でリッター30km越えは当たり前)
  • 基本はガソリン車なのでガソリン車同様に利用できる(燃料補充場所に困らず、燃料補充もスピーディ)
  • 車内が静かで快適
  • ガソリン車よりはやや高額になるが次世代型自動車の中では比較的割安

デメリット

  • 車両重量が重い(車重が増えると運動性能の低下やサスペンション、タイヤなど足回りの劣化をを促します、重量税にも関わってきます)
  • システムが複雑で故障した場合は特定の修理工場でしか修理できない、費用もそれなりに掛かってくる
  • バッテリー交換費用が高い(年式車種にもよりますが最低10万円以上は掛かってきます)

次世代型自動車の中では比較的購入し易く使い勝手も良いのがハイブリッドカーです。

ですがガソリン車と比べるとメンテナンス上ではやや課題となる部分も抱えています。

電気自動車(EV)

「日産・リーフ」や「三菱I-MIV」に代表される「電気自動車」。EV車(Electric Vehicle)とも呼ばれます。

電気自動車はモーターのみで走るクルマです。大型の専用バッテリーを積み家庭用コンセントや専用の電力スタンドから充電、充電した電力を使用してモーターを駆動して走ります。当初は航続距離(一度の充電で走れる距離)やパワーが問題視された事もありましたが、現在は年々高性能化が進んでいます。

アメリカのEVメーカー「テスラモータース」の様に、スーパーカー顔負けの加速性能、ガソリン車を凌ぐ航行距離を備えるクルマを造るメーカーも増えてきています。

メリット

  • 燃費が非常良い(10km走行で10~20円程度※車種により異なる)
  • 車内が非常に静か(ほぼ無音)
  • 車内スペースが広くデザインも自由度がある
  • 環境に良い(CO2やNOxを全く排出しない)

デメリット

  • 車両重量が重い
  • 航行距離が短い(日産リーフですと約228km。海外EV車ですと500kmを越えるクルマも出てきてはいますが身近なEV車ではまだまだ短いのが現状です)
  • 車両価格が高い(日産リーフですと新車価格は約370万円。補助金で50万円ほど軽減されるもやはり高額)
  • 燃料補充に時間が必要(充電時間も短くなってきているものの、ガソリン車と比べるとやはり燃料補充には時間が掛かります)
  • 電力スタンドが少ない(増えてはきていますが、ガソリンスタンドよりはまだまだ少ないのが現状です)
  • バッテリー交換費用が高い(車種にもよりますが50万円前後は掛かってきます)

電気自動車は課題もありますが、やはりその高い燃費性能と環境に良い点は大きなメリットとなり、今後更なる普及が見込まれるクルマです。

燃料電池車(FCV)

「燃料電池車」まもなく市販化が始まる新たな次世代型自動車です。FCV車(Fuel Cell Vehicle)とも呼ばれます。

燃料電池車は、車内に設置された燃料電池内で水素+空気を融合して電力を生み出し、その力でモーターを駆動します。このため水素を燃料補充する事となります。電気自動車と仕組みは似ていますが、電気を補充するのか、水素を補充するのかが決定的な差になってきます。

※燃料電池車は「水素自動車」とも呼ばれています。但し過去にあった水素エンジンを積む水素自動車(水素をエンジン内で点火させ動力とするタイプ)とは異なります。

メリット

  • 燃費が良い(現状では電気自動車よりやや下、ガソリン車、ハイブリッド車より上になる見込み)
  • 車内が非常に静か(ほぼ無音)
  • 車内スペースが広くデザインも自由度がある
  • 環境に良い(水しか排出せずCO2やNOxを全く排出しない)
  • スピーディな燃料補充(水素燃料をガソリンの様に注入するので、補充時間はガソリン車とほぼ同じ)

デメリット

  • 車両価格が非常に高い(同じ車種であってもガソリン車の2倍以上の価格になってしまう模様)
  • 水素スタンドが普及していない
  • バッテリー交換費用が高い(電気自動車以上にバッテリー交換費用が掛かる可能性あり)

燃料電池車も課題はありますが、環境面の配慮から今後、電気自動車と共に普及が期待されるクルマです。

まとめ

次世代型自動車にはこの様な特徴があります。

それぞれで課題となる部分も抱えていますが、年々各車種で改良が進んでいますし税金補助や燃料補充のインフラ整備なども進んでおり、今後はより扱い易いクルマとなってくるかと思います。

環境問題には一番の対策とも言える次世代型自動車。もし今後クルマの買い替えなどの機会がありましたら選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る