国産最新ステーションワゴンピックアップ

「ステーションワゴン」は、その実用性の高さ、また基本的にはセダン車種をベースにしていますのでセダン譲りの上質な乗り心地が魅力です。

さて今回は国産メーカーが販売しているステーションワゴンの中からお勧めの車種をピックアップしていきます。

高品質かつリーズナブルな価格が魅力的な国産のステーションワゴン。どういった車種があるか見ていきましょう。

カローラフィルダー/トヨタ

978_1

「カローラフィルダー」はご存知国産ワゴンの定番とも呼べるクルマ。2012年から販売されている現行型は3代目となります。

新車価格:約150万円~

「新型カローラアクシオ」をベースにステーションワゴン化したクルマであり、カローラアクシオと同じく使い勝手の良さを徹底した様々な工夫が施されています。また3代目では、加速性能、安全装備、燃費性能も更に向上。ハイブリットモデルでは33km/Lと非常に低燃費な性能を持つクルマとなりました。

品質の割りに価格も安いので、合理的なワゴン選びをしたいという方には特におすすめの一台です。

アベンシスワゴン/トヨタ

978_2

「アベンシス」は欧州市場向けに作られたトヨタのミドルサイズセダン/ワゴンです。生産もヨーロッパとなり逆輸入車となるクルマです。

新車価格:約250万円~

内外装デザイン、足回りの設計など欧州市場向けの味付けとなっており、国内向けのトヨタ車とは一味違った特徴を持つクルマとなります。国産のライバル車種と比べてもやや固めの乗り心地となっていますので、そういった感触を求める方にはおすすめの一台です。

ウイングロード/日産

978_3

「ウイングロード」は日産が販売するコンパクトサイズのステーションワゴン。

新車価格:約170万円~

室内の防水加工など便利装備が多く、コンパクトなボディながらボディ下のアンダーボックスに100Lのスペースを確保など荷積能力も高いクルマ。エッジの効いたスポーティなデザイン、リーズナブルな価格など、若年層をメインターゲットとして開発されたクルマですので、特に若い方にはもってこいのワゴンです。

フィットシャトル/ホンダ

 

「フィットシャトル」はホンダが販売するコンパクトサイズのステーションワゴン。

新車価格:約170万円~

2代目フィットをベースにステーションワゴン化したクルマで、「ホンダ・エアウェイブ」の後継車に当たります。2代目フィットの素性が良いだけに、フィットシャトルもコンパクトワゴンとしては申し分のない走行性能と燃費性能を持つクルマとなっています。

また注目したいのはラゲッジ容量。最大590L(ガソリン車モデル)と、コンパクトワゴンとは思えない大容量の荷積スペースを確保しているのが魅力です。

アテンザワゴン/マツダ

「アテンザ」はマツダが販売するフラグシップのセダン/ワゴンです。

新車価格:270万円~
2012年から販売されている3代目アテンザではマツダの新技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」が投入されエンジン、サスペンション、シャーシなどを全面改良。高出力かつ低燃費、また乗り心地の良い走行性をこれまで以上に備えるクルマとなりました。

特にボディ・シャーシの面は剛性面を徹底的に見直し、非常に滑らかな走りが出来るワゴンとなってきます。デザインもスポーティで若々しく、可憐なスタイリングも魅力的な一台です。

レヴォーグ/スバル

「レヴォーグ」はスバルが販売するフラグシップのステーションワゴン。洗練されたスタイリッシュなデザインが魅力的な大人なワゴンです。

新車価格:約270万円~

このクルマで注目すべきはその走行性能。レヴォーグは、国内最速のワゴンと謳われた「レガシィ・ツーリングワゴン」の後継車にあたります。
最高出力300PS、最大トルク40.8kgの大出力エンジンを積み、シャーシやサスペンションのメカニズムもラリー競技で培ったスバルの技術を惜しみなく投入するなど、他と一線を画す高性能なワゴンとなっています。

また低燃費化も徹底し「アイサイト」などの安全装備も充実。実用性の面でも優秀なワゴンとなっています。

まとめ

普段それほど荷物を積まないという方でも、ワゴンの実用性の高さはいざという時に非常に助かります。

またワゴンの独特のフォルムはアクティブさ、活発といった印象を与えるのにも一役かいます。

国産のステーションワゴンは、品質も良く尚且つリーズナブルな価格設定が魅力的ですので、クルマ選びに迷っている方がいましたら国産ワゴンも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る