BMWの認定中古車

新しい車には最新の技術が投入されており、デザインも現代風で非常にカッコいいものです。

しかし車の魅力は新しい車だけにあるわけではなく、古い車にもそれなりの味わいがあります。特に車を頻繁に運転する人にとっては、現代のハイテクデバイスにはないアナログな感覚がたまらないという人もいます。

自分のアクセルの加減やブレーキの踏み具合がダイレクトの車に反映される、車の醍醐味を堪能するならばそんなアナログな感覚がいいという人も多いものです。

3種類あるBMWの認定中古車

味わい深い古い車ですが、古ければそれだけ故障のリスクも高まるのはいかんともできません。

特に外国車が壊れてしまうと、修理代や修理期間などがかかって非常に面倒なもの。

そこでBMWでは「認定中古車」を用意しておりますが、中古車の状態によって3つの選択肢があるのです。

BMWユーズドカー

まず最初に紹介するのは「BMWユーズドカー」です。

この認定中古車の対象となるのは、全てのBMW中古車です。初度登録からの年数や走行距離による制限はありますので、比較的誰でも手にできるお得な認定中古車です。古いが味のある中古車なども対象となりますので、ヴィンテージ好きにはたまりません。

BMWユーズドカーは、法定12ヶ月点検相当の納車前点検が実施されます。

法定12ヶ月点検相当というと、あまり厳しくないような気もしますが、日本の車検制度は世界と比べてもかなり厳しい基準が設定されています。法定12ヶ月点検も同様で、これをクリアしていればある程度は安心して乗ることができるのです。

しかし、それでも車が壊れる可能性はゼロではありません。

エンジンやトランスミッションなどのメインパーツが故障した場合には、購入から6ヶ月、走行距離が5000キロメートルまででしたら保証してくれますし、修理が必要な場合にはパーツ代と工賃を無料で行ってくれます。

BMWアプルーブドカー

BMWよりも程度のよい認定中古車ともいえるのが「BMWアプルーブドカー」です。

「ユーズドカー」では特に制限のなかった年式と走行距離に制限が設けられます。初度登録から8年未満、そして走行距離が100000キロメートル未満の車のみを対象としております。主要部品に対して走行距離が20000キロメートル以内でしたら、1年間保証の対象となります。

BMWユーズドカーと比べて点検も充実しており、最大で100項目に及ぶ点検を実施してくれます。エンジンやトランスミッション、サスペンションといったメインパーツはもちろんですが、エアコンなどの電気系統や各種コンピューターシステムもしっかりと点検します。

もし修理が必要と判断された場合にも、BMWの純正パーツを使用しますので安心ですね。

BMWプレミアムセレクション

最上級の認定中古車ともいえるのが「BMWプレミアムセレクション」です。

その基準も非常に厳しく初度登録から5年未満で走行距離が60000キロメートル未満でなければなりません。点検項目が最大で100項目なのはBMWアプルーブドと一緒ですが、保証期間が大きく異なります。BMWプレミアムセレクションの保証期間は2年間で、しかもその間の走行距離は無制限なのです。

しかも、延長補償も用意されており、契約をするとさらに最大2年間の保証がついてきます。中古車を選ぶ際には試乗をしたいものですよね。中古車販売店では、場合によっては公道を走れない、試乗そのものができない場合もあり、納得行く車選びができません。

しかしBMWプレミアムセレクションの車ならば、いつでも公道で試乗をすることが出来ますので、疾走の喜びと共に車の状態を思う存分確認できます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る