マツダ認定U-car

最近、自動車メーカーのディーラーが取り扱う車は新車だけではありません。

これまではあまり商売にしてこなかった中古車も、ディーラーでは取り扱うようになりました。昔と比べて自動車の耐久性が向上したため、中古車といえどさほど劣化はしていない上に、価格は新車よりもお買い得ということで人気となっているからです。

しかし、せっかくディーラーで中古車を買うのであれば、中古車販売専門店に負けない、あるいはそれ以上の品質を求めてくるお客様がいるのもまた事実です。

マツダ認定U-carはディーラーのお墨付き中古車

そんなお客様の要望に応えて、確かな品質で安心して乗れる上質な中古車をマツダでは販売しており、その名を「マツダ認定U-car」といいます。

いわば、ディーラーのお墨付きを与えられた中古車ですが、どんな車でもディーラーで取り扱えば「マツダ認定U-car」になれるわけではありません。マツダ認定U-carに認められるためには、クリアしなければならない4つの前提条件があるのです。

マツダ認定U-carになるための4つの前提条件

まずは、マツダブランドの乗用車である点です。

ディーラーがお墨付きを与える車は、ディーラー自身がよく知っている自動車でなければなりません。ユーザー側からすれば、ディーラーがよく知らない車を「認定中古車」としたところで、そのブランドに疑問を抱くことでしょう。

そこでマツダ認定U-carになるためには、まずはマツダブランドでなければなりませんが、マツダブランドであれば普通車、軽自動車は特に問いません。

次に、修復歴や冠水歴、そして改造歴がない点です。

修復をしてあっても冠水していても、その車が問題があるというわけではありません。事実、修復の箇所によっては大して走行に支障がない場合もあります。

しかし、わずかな疑念もお客様に持たせてはいけないディーラー認定中古車は、疑念の元となる修復歴や冠水歴をほうっておくわけには行きませんので、マツダ認定U-carでは、そのような車は認定しません。

さらに、初度登録から7年以内で走行距離が70000キロメートル以内である点も条件です。いくら最近の車の性能が向上したからといっても、年数を重ねて走行距離を重ねれば、車にどこかしら不具合が出てくる可能性もあります。

100000キロや10年落ちの車ではそれが多発する可能性がありますので、マツダ認定U-carではその手前である7年落ちや70000キロメートルを、そのリミットとしているのです。

そして、距離計に巻き戻しがない点も条件です。

マツダ認定U-carについてくる安心

このような厳しい4つの前提条件をクリアした上で、良質の中古車のみに付与される「マツダ認定U-car」。

それだけに付与される安心や保証も相当なものです。

まず、マツダ認定U-carには、第三者の専門機関3社による車両状態の評価書が添付されています。第三者による評価ですので、非常に信頼が置けます。

次に、納車日から1年間、走行距離を問わず保証がついてきます。

ボディの内外装や塗装、さびや消耗部品、オイル類を除いた部品を保証してくれ、万が一不具合が出た場合には全国のマツダのサービス工場で無料修理してくれます。

点検整備も充実しており、車検切れの車には車検整備を、車検が残っている車には法定12ヶ月点検整備がついてきますし、さらに購入してから1ヶ月、または1000キロ時点で無料点検も実施します。

バッテリーやオイル類は、あらかじめ交換してありますので、消耗品の不具合は発生しにくいでしょう。

そして、マツダ認定U-carの証として認定証も発行してくれます。

安心と信頼のマツダ認定U-car、マツダ車がどうしてもほしいという方には、是非選択肢に入れておいてほしい車です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る