日産GT-Rの認定中古車

「スカイライン」といえば、日産の看板商品のひとつです。

トヨタのカローラやハイエースと並んで、長らくそのコンセプトを変えないスポーツカーとして人気を博してきています。

「ハコスカ」や「ケンメリ」など、スカイラインにつけられた愛称も数多く、1980年代から1990年代には走行性能も飛躍的に向上して、走り屋御用達にもなった感があります。

GT-Rは憧れのスポーツカー

そんなスカイラインの最高峰といえば、「GT-R」です。

とことん走行性能を突き詰め、唯一無二の存在となってきました。リアにつけられた赤い「R」の文字が、GT-Rの証です。

かつては「スカイラインGT-R」でしたが、今ではスカイラインの手を離れ「日産GT-R」となって独立したブランドとなっております。

GT-Rの認定中古車の基準

そんなGT-Rに乗る人、乗りたい人はやはり走ることを愛する人たちです。

とことんまで車の限界に挑んで走りたい、そんな方たちが多いので、やはり車の状態は気になるものです。新車なら状態は気になりませんが、新車で買うとかなりの値段がします。

中古車で買えば価格は新車よりも安いですが、状態が気になるところですね。そんな人向けに、日産の中古車販売店「U-CARS」ではGT-Rの認定中古車を販売しています。

では、認定中古車になるためにはどのような基準をクリアしなければならないのでしょうか。

まずは初度登録から5年以内という条件があります。

乗っていなくても車は劣化しますし、逆にスポーツカーは乗らないと劣化も進んでしまいます。

5年以内に製造された車であれば、その劣化の度合いはさほど進行していません。

また、定められた時期に法定点検が行われ、さらにGT-R特別点検が全て実施されていることも条件です。

最高峰のスポーツカーならではの点検が実施されているので安心ですね。

事故修復歴がなく、キズや故障箇所は補修あるいは修理済みであることも求められています。

スポーツカーですとチューンナップなどの改造を施しているオーナーさんも多いでしょうが、これに関しても認定中古車には基準があります。2009年10月改訂版移行のマニュアルに記載されている内容に沿った、交換や特別点検がされている車との基準があります。

走行性能に関するメンテナンスも同様です。

そして走行距離は100000キロメートル以下です。一見すると100000キロって多いんじゃないのと思ってしまいますが、スポーツカーに関してはさほど多くはありません。

5年以内に100000キロメートルを走れば、年間20000キロメートルといったところで、これはロングドライブが多いとも言える数字であり、エンジンなどへの負担は距離ほどではないと判断されるからです。

GT-Rの認定中古車の特典とは

では、GT-Rの認定中古車になるとどのようないいことがあるのでしょうか。

まず、メーカー保証が対象外となる部位がない状態を継承できるという点です。新車では、一般補償が適応されるのは初度登録から3年以内の車だけですが、GT-Rの認定中古車は初度登録から5年以内と少し幅が広いです。

それに加えて、GT-Rの認定中古車には中古車ワイド保証もセットになっています。これは、1年間走行距離無制限で幅広いパーツを対象として、修理が必要とあれば日産ハイパフォーマンスセンターで修理を受けられる特典です。

購入から1ヶ月、もしくは1000キロメートル経過時には無料点検も受けられます。中古車ワイド保証以外にも、認定証が発行されるなどの特典もあります。

GT-R認定中古車を探すにも、日産U-CARSのホームページから簡単に検索できますので、お気に入りの1台をここで見つけてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る