レクサス認定中古車 LEXUS CPO【Certified Pre-Owned】

日本発の高級自動車メーカーといえばレクサスですが、高級自動車だけありまして、新車で買おうとすると決して安い買い物ではありません。

中古車ならば新車よりも安く憧れの車を手にすることができますが、前のオーナーがどう乗っていたか分からないし、見た目だけでは中古車の状態までは分かりません。

「cpo」とは何か

そこでレクサスでは、レクサスの名にふさわしい認定中古車、その名も「cpo」を用意しています。

cpoとは「Certified Pre-Owned」の略で、新たなオーナーが車を手にする前に、その車に保証をつけておくサービスのことです。

トヨタでも似たようなサービスを展開していますが、cpoは高級自動車ブランドレクサスの名に恥じない素晴らしいサービスが数多くあります。

納車前に点検を行う

cpo対象車を購入したオーナー様は、納車の前に点検や整備をしっかりと受けることができます。

点検項目は内外装合わせて実に90項目に及びます

ハンドルやギアボックスなどの舵取り装置、ブレーキやペダルなどの制動装置、ホイール、ショックアブソーバーなどの緩衝装置、クラッチやトランスミッションなどの動力伝達装置、バッテリーや電気配線などの電気装置、本体や冷却装置などの原動機、ガス飛散防止装置など多岐に渡る点検や整備を実施しています。

その点検項目には24ヶ月点検の項目も含まれていますので、車検の点検整備を無料で受けているようなものです。点検整備が完了したら、レクサスcpo納車前確認シートを発行しますので、しっかりと形に残りますね。

さらに、12品目の部品は新品に交換をしてくれます。

タイヤやブレーキオイル、バッテリーにエンジンオイル、ワイパーゴムやタイミングベルトなど、トラブルが出てから交換をしようとするとかなりのお金がかかるものですので、交換して損はありません。

充実の保証体制

レクサスのcpo認定中古車は厳しい基準で点検整備されていますので、すぐに不具合が出ることはまずありません。

しかし物事に完全はありませんので、中古車を購入してすぐに不具合が出る可能性もあります。そんな時、走行距離に関らず2年間は無料修理を行ってくれるのが、「cpo保証」です。

消耗部品やオイル類、タイヤやスターと酔うバッテリーボディの塗装や外板の穴あきなどを除き、ほとんど全ての不具合に対して保証してくれますので安心です。

安心のメンテナンスプログラム

中古車をトラブルから回避させるためには、日々の点検整備が重要なのは言うまでもありません。

しかし、素人が日常的に点検できることはタイヤの空気圧やエンジンオイルの汚れ具合など限られてきます。認定中古車のベストコンディションをキープするために、レクサスの車を知り尽くしたスタッフが定期的にメンテナンスを実施してくれます。

2年間の車検の間に、6ヶ月点検を2回実施してくれ、消耗部品の交換や室内、エンジンルームや下回り、外回りに足回りの点検をしてくれます。

12ヶ月点検を1回実施され、6ヶ月点検よりも点検項目が多くなり、交換してくれる消耗部品の種類も増えます。

6ヶ月点検の際はオイル類だけの交換でしたが、12ヶ月点検の際はオイルフィルターやワイパーゴム、クリーンエアフィルターなど多岐に渡ります。

全ての店舗でcpo認定中古車を置いているわけではありませんので、どうしてもそれがほしいのであればあらかじめ対象店舗を知っておかなければなりません。

ホームページからかんたんに検索できますので、検索をしてから足を運ぶといいでしょう。様々な条件でcpo認定中古車を検索できますので、きっとお気に入りの中古車を探せるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る