インターネットオークションの中古車は走行距離・修復歴に注意

中古車を買うのであれば、できるだけ安く買いたいものです。

商品をより安く買うための手段として、いまやすっかり定着した感のあるのが、ヤフオクなどの「インターネットオークション」です。

上手に利用すれば非常にお得な買い物が出来るのですが、こと中古車となりますと細心の注意を払わなければなりません。

走行距離

走行距離というのは、中古車を購入する上で大きな判断材料となります。当然ながら、走行距離が少ない車ほど高く、走行距離が多い車ほど安い傾向があります。

それはインターネットオークションでもいえることですが、そこには大きな問題が横たわっています。

それは、走行距離が不明もしくはわからない中古車があるということです

これには大きく2つの理由が考えられ、まずは代理で出品をしているという場合です。

中古車は出品者の手元にはないので、走行距離を確認することが出来ないと言うケース。

この場合、質問欄から走行距離はどのくらいなのかをしっかりと確認するようにしましょう。

もうひとつは、明らかに走行距離がおかしい場合です

車の程度があまりよくないにもかかわらず、走行距離がさほど行っていない車の場合。

この場合には、メーターの改ざんがされている可能性が高いです。

自分で買う分には自己責任なのですが、その車を今度売る際にそれがメーター改ざんされている車ですと、詐欺となる可能性がありますので、手を出さないほうがいいでしょう。

修復歴

中古車の雑誌などを見ていると、程度がいいのに異様に価格が安い車を見かけたりしますよね。

気になって詳しく見てみると、その車は「修復歴あり」だったりします。だからと言って、ドアの凹みやキズを修理したりしたくらいでは、修復歴のうちにはカウントされません。

修復歴というのは、車のフレーム部分を交換したり修理をすることを言うのです。ちなみに、中古車販売店で修復歴ありの車を売る際には、修復歴の有無のみならずどこの箇所を修復したかを、をお客にしっかりと伝えなければなりません。

しかし、インターネットオークションの場合、そのような決まりは特にありません。

ですので、まずは質問で修復歴があるかどうかを確認しなければなりません。本来であれば、試乗をすることで草稿に影響のない修復かを確認することが出来るのですが、オークションの場合にはそれもできません。くれぐれも注意が必要です。

車検切れの中古車

インターネットオークションを見ていると、車検が切れている中古車は安い傾向にあります。

ただし、安いのはあくまでも車両本体価格だけであり、それ以外の費用を考えると必ずしもお得とはいえません。オークションで中古車を購入した場合、出品者のところから車を輸送しなければなりません。

出品者の住んでいるところが遠ければ遠いほど、輸送費は高くなります。

それならば自分で引き取って運転するという人もいるでしょうが、車検が切れているのでそのままでは運転することが出来ません。車検切れの中古車を公道で走らせるためには、仮ナンバーを借りなければなりません。仮ナンバーの貸与には期限がありますので、その期限までに出品者のところから車を引き取って、さらに車検を通さなければなりません。

ユーザー車検がもっとも手っ取り早い方法ですが、その手続きも慣れない人には結構大変なものです。

そもそも、車検が切れている中古車は、いつから車検が切れているかも確認をする必要があります。

車検切れになって数年も経過しているような車ですと、車の状態にかなりの不安があります。点検整備の記録簿でもあればまだいいのですが、インターネットオークションの中古車で記録簿がついている車はあまり多くありません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る