ネットオークションで中古車を買う際の出品者とのトラブル

かつては、中古車販売店まで足を運んで、現物を見て試乗をしてから中古車を購入する、それが一般的な購入の流れでした。

最近では、インターネットの発達によってそれ以外の方法も出てきてはいます。そんな方法の中でも、特に車を安く買うことができる可能性が高いのが、ヤフオクなどのインターネットオークションを使って中古車を購入することです。

しかし、インターネットオークションで中古車を購入する際には、いくつか注意をすべき点があります。

複数IDによる価格のつり上げ

ヤフオクなどで商品を購入するメリットというのは、何といっても安く買えることができるという点です。

出品者が出品をした中古車に対して、落札希望者が入札をしていき、一番高い金額をつけた人が落札するというシステムです。他に誰も入札をする人がおらず、自分が50000円の価格で入札をしていたら、50000円の金額で落札できてしまうのです。

落札者にとってはうれしいことですが、できるだけ高い落札金額を希望する出品者にとって、これはあまりうれしいことではありません。

そこで、一部の出品者は、落札価格を高くしようと様々な手を使っています。

そのうちのひとつが、複数IDの使い分けです。

取得した複数のIDを使って、自分が出品した中古車に対して入札をしていきます。

そうすれば落札価格のハードルはどんどん高くなっていきますので、50000円で落札される心配はいりません。

複数のIDで希望する下限の落札価格までつり上げておいて、他の誰かが入札したらしめたものです。

オークションを取り消す

では、もし自分で取得したIDで中古車の価格をつり上げておいたはいいが、誰も入札しなかった場合には、その出品者はどうすればいいのでしょうか。

そういった場合には、オークションを取り消します。しかしオークションを取り消すのは、何も入札者がいなかったケースだけではありません。

入札者がいたとしても、それが希望金額ではないとするならば、その状態でもオークションを取り消すことがあるのです。

あまり安い金額で落札されるのは困るにしても、このやり方はいただけません。

「非常に悪い」の評価がついていないか

もちろん、そのような行為をして何のお咎めもないと言うようでは、無法地帯となってしまいます。

ヤフオクでは、落札されたにもかかわらず取り消しをした場合には、自動で「非常に悪い」と言う評価が付くようになっています。中古車をインターネットオークションで購入する場合には、出品者の評価、とりわけ悪い評価を確認するようにしましょう。

自動的に「非常に悪い」評価がついているようであれば、それは出品者の都合でオークションの取り消しを行った場合です。一方で、落札者からのコメントがついている場合には、落札されたものの、その後の取引で何らかの不手際があったということです。

報復評価の可能性もある

後者の場合には、見る際に気をつけないといけないことがあります。

それは、「報復評価」の可能性があるということです

例えば、出品者から落札者に対して「悪い」「非常に悪い」などの評価がなされると、それに憤慨した落札者が仕返しに出品者に対して「非常に悪い」と言う評価をつけることがあります。評価を見る際には、評価の具体的な理由なども見ておくといいでしょう。

特に中古車の場合には、落札後の様々な費用が追加請求されるケースが多いです。各種手続きの費用であったり、輸送費用の問題などです。それをどちらが負担するかで、あるいはその金額に対して折り合いつかなかったということで、トラブルに発展するケースが少なくありません。ちなみに、輸送費用は数万円かかるのが当たり前です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る