現車を見ないで中古車を買う際の注意点

中古車は現物を見て買うことが一番理想的です。

しかし、色々な理由で現物を観れないことがあります。その際は、インターネットで見積りを出してくれる業者などを利用し購入することができます。

車は現物を見ることが最善

新車でしたら、日本全国どこのディーラーに行ってもその品質が変わることはありません。

もちろん、車両本体価格は全国のでディーラーによって異なるでしょうが、それは重要な問題ではありません。大切なのは、車がそれなりの品質を保っているかどうかです。新車として販売している以上、それはまだ誰の手にも渡っていないことを意味します。

しかし、中古車となると話は別です。

新車とは異なり、希望の車両本体価格というのがありませんので、車両本体価格は中古車販売店の好きにつけることが出来ます

おまけに、同じ車種で同じ車両本体価格だとしても、品質が全く同じというわけではありません。新車とは異なり、車両本体価格と品質がイコールではないのです。

そういったときに重要なのが、実際にその中古車を目で確かめることです。外装を見てインテリアを見て、試乗をした上で、自分で金額に見合った品質かどうかを判断するのです。

遠方の中古車販売店で買う

中古車の雑誌やインターネットサイトなどを見ていると、全国各地に中古車販売店があることが分かります。

もちろん、自宅に近いところにも中古車販売店はあるのでしょうが、あいにくそこには自分のお気に入りの車がありません。

一方、かなり遠方にはなりますが、そこには自分のお気に入りの車があります。

そういった場合にはどうすればいいのでしょうか。できれば、遠方であっても自分の目で確かめるべく、現地に赴くことをおすすめします。

あらかじめ中古車販売店に見学をしたい旨を伝えていれば、最寄り駅までは迎えにきてくれることが多いです。中古車販売店にしても、遠路はるばるわざわざ車を見に来てくれるわけですから、普通のお客様よりは購入の可能性が高いというもの。

出来るだけの誠意は見せてくれるはずです。試乗もできるようにしっかりとスタンバイしてあり、見学しやすい環境を整えていてくれます。

実際に見ないで中古車を買う

とはいえ、あまりに遠方であると行くにも限界があります。

それでも遠方の中古車販売店にある車がほしいと言うのであれば、現物を見ないで買うほかありません。本来であれば、この方法はあまりおすすめできないものです。

と言うのも、実際に見たり試乗したりすることでわかることがあるからです。

外装の細かいキズやシートのすわり心地、車内の匂いにハンドリング、フロントの視界などは実際に乗ってみないと分かりません。

車を見ないで買う際の注意点

それでも現物を見ないで車を買うという場合、どんなところを注意すればいいのでしょうか。

最近では、インターネットで見積りを出してくれる業者も多いので、まず見積りを取りましょう。見積りを取ってみて、予算の範囲内に収まるようであれば、具体的に車の状態を確認する作業に移ります。

実際に確認できない分、確認作業はしっかりと行わなければなりません。

ぱっと見て気になる箇所があれば、その箇所の詳細な写真を送ってもらうようにお願いします。定期点検記録簿がある場合には、その画像も送ってもらうと整備状況が分かりますね。

可能であれば、写真や画像だけではなく動画も送ってもらうといいでしょう。動画であれば、試運転しているときの様子を映してもらうことができ、それが車選びの大きな参考になるかもしれません。

とはいえ、これらの対応を懇切丁寧にしてくれる業者はあまり多くはありません。

中には、見積もりを依頼したのになしのつぶて、返事が返ってきたとしてもあいまいなものだとするならば、その中古車販売店での購入は見送ることも検討すべきです。購入を決心したら、交通費はかかってもやはり現物を確認することをおすすめします。契約前でしたら、まだ間に合います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る