車検とは何か

「今月は車検だからお金がかかって大変だよ」

「私のの車は古いから、車検に通るかどうか心配です」

というような話をよく聞いたことがあると思います。ただ、そもそも「車検」というのは一体何なのでしょうか?

車検とは何か?

「車検」という言葉は略称であり、その正式名称を「自動車検査登録制度」といいます。

この自動車登録制度の「車」と「検」を取って車検という言葉が生まれました

この車検の制度はいつから始まったのかというと、1930年ですから、昭和5年のことでした。この時代には、まだ一般家庭に自動車は普及しておらず、車検の対象となった車はもっぱらタクシーやバスといった、営業用の車がメインでした。

日本は第二次世界大戦の後終戦を迎えると、そこから奇跡の復興と成し遂げます。戦後間もなくにもかかわらず、自家用の自動車を持つ人が徐々に増えてきたのです。

営業用の車以外の自家用車も増加したため、自家用車の安全性も担保する必要性に迫られ、1951年に全ての車が車検を受けなければならなくなりました。これでとりあえず車の安全性は担保されましたが、車本体が安全だからと言って、全くトラブルが起きないというわけではありません。

車を運転するのはあくまでも人間ですので、わき見運転をしたらぶつかりますし、高度成長期を迎えるにあたって飛躍的に自動車の台数が増加しました。そこで1955年、現在もその制度が残る「自賠責保険」の制度が定められ、全ての自動車が保険に加入することとなりました。

その後、経済性を背景に人気を集めた軽自動車に対しても、車検が義務付けられるようになりました。1978年のことですから、ずいぶんと最近のことですね。

車検は何年ごとに受けるのか?

車検はどれくらいの周期で受ければいいのかというと、原則として2年ごとに車検を受ける必要があります。

「原則」ということがあるということは、当然ながら2年毎の車検でない車も存在するということですね。

普通乗用車の場合には、新車購入時に限り初回の車検は購入から3年後となっています。250cc以上のバイクの新車も、新車購入から3年が初回車検のタイミングとなります。これ以外に3年間の車検期間がある車はありません。

逆に、毎年車検を受けなければならない車もあります。

8トン以上のトラックやバス、そしてタクシーなどは、新車で購入したとしてもその翌年には車検がありますし、その後も毎年車検を受けなければなりません。8トン未満のトラックやレンタカーの場合、新車購入時は初回のみ2年後の車検となりますが、その後は毎年車検を受ける必要があります。

軽トラックや大型の特殊自動車などは、新車であっても中古車であっても、2年ごとに車検が待ち構えているのです。

もし車検を受けていなかったら?

車検を受けることは車を持っている人にとって義務なのですが、もし車検を受けなかったらどうなるのでしょうか。

車検を受けていない車は「無車検車」という扱いになり、この車は公道を走行することはできません。公道以外の、例えば工場の敷地内であるとか私有地の中であれば走行することは可能です。

もし、車検を請けないまま車検が切れた状態で公道を走ったら、無車検車走行ということになります。そんな車に対しては、厳しいペナルティが待っているのはいうまでもありません。

また、車検を受けるということは、最低限の安全性を車に担保することでもありますので、車検を受けていない車には何らかのトラブルが起きている可能性があります。故障していたり、あるいは整備がしっかりなされていないため、それが引き金となって重大な事故が発生する可能性もなくはありません。そのため、そういった事故を無くすためにも、車検を受けなければならないのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る