中古車を買う前の試乗を絶対にしておくべき重要な理由

中古車とはいえ、車を買うのは大きな買い物です。

大きな買い物をする時は、即決することだけは避けなければなりません。大きな買い物だからこそ、より慎重にその商品を見極めなければならないのです。

とはいえ、いくらじっくりと中古車を眺めていたからと言っても、そこから得られる情報には限界があるというもの。

そこで重要となってくるのが試乗です。

新車を購入するときには、ディーラーの店頭に試乗車というのが用意されていることが多いものです。

「試乗させてください」と言えば、ディーラーの担当者の方が助手席に乗って、実際に道路を走らせることが出来るのです。

中古車の試乗はできる場合と出来ない場合がある

では、中古車を試乗させてくださいとお願いをしたら試乗させてくれるのかというと、それは業者によって異なります。

喜んで試乗させてくれる業者もあれば、試乗を断る業者もあります。

試乗を断る業者にしても、何もお客様がにくくて試乗をさせてくれないわけではありません。

試乗を断るには、それなりの理由があるのです。

まず考えられるのが、車検が切れているということ。車検が切れている車は、当然ながら公道を走らせることが出来ません。

ただしこの場合も、公道を走らせてはもらえませんが、その中古車販売店に広大な敷地があれば、その敷地内で試し乗りをすることは可能でしょう。

また、十分な整備が行われていない中古車に関しても、車検を断る場合があります。オークションで販売店が購入したばかりの中古車や、お客様から買取もしくは下取りしたばかりの車というのは、正直な話状態がよく分かりません。

もしかしたら、不具合のある車かもしれないので、まずは販売店による点検や整備を行わなければなりません。それをしないまま公道を走らせて事故でも起きてしまったら、それは重大な事態になりかねないのです。

そして、車検が切れていることにも関係をしてくるのですが、その車が自賠責保険に加入をしていないことも、試乗を断る理由となります。

試乗をしたほうがいいわけは

以上のような理由がある場合、敷地内の試乗で我慢するか、あるいは試乗せずに十分に確認をした上で中古車の購入をすることになりますが、それ以外のケースであれば試乗は絶対にしたほうがいいでしょう。

最近では、インターネットからも車の様子を確認することが出来ます。写真も豊富に掲載されていますので、その車にどんなキズがついているのか、あるいは全体的に古ぼけていないかなどの見た目はかなり分かるといってもいいでしょう。

しかし、実際に乗ってみないとわからないことがあります。

運転をしてのフィーリングもそのひとつです。

試乗をして見て運転席からの視界が狭いなどのことは、実際に乗ってみないと分かりません。また、見るだけではなく、五感を使ってその車を評価することは、試乗したり現場に行かない限り分かりません。

鼻を使って、エンジンオイルのにおいがしたならばオイル漏れの可能性がありますし、タバコの匂いがしたら前のオーナーは喫煙者ということになります。耳を使って、エンジン音のばらつきやハンドルを切ったときの異音などをチェックすることも重要です。

肌や手の感覚を研ぎ澄ませて、ハンドルを切ったときのフィーリングやエアコンの利きなどをチェックすることも欠かせません。

最近ではインターネットがあまりにも発達しているため、インターネットの画面上だけで車を判断してしまい、足を一回も運ぶことなく、顔を一回も合わせることなく契約してしまう方が多いようです。

しかし、そのような車は粗悪な車の可能性もあり、返品しようと思っても返品できないケースがほとんどですので、是非購入前には試乗をしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る