スマホ、タブレット用Goo-net

かつて、中古車を探す際には中古車情報誌を見るのが一般的でした。
もちろん現在でも、中古車情報誌を見て中古車を探している人はたくさんいますが、それ以外の方法も急速に普及をしています。
最近人気を集めている方法としては、スマートフォンやタブレット端末を使ったものがあります。

■Goo-netはパソコンからスマートフォン、タブレットへ
中古車情報誌のGooといえば、中古車情報誌の元祖であり、豊富な掲載数を誇っています。
現在でも書店で多く販売されており、中古車を探す人たちにとって大きな助けとなっています。
そんな中古車情報誌中心だったGooに、インターネットサイトのGoo-netが登場しました。
紙媒体では不可能だった情報の豊富さ、情報の迅速さを武器に、Goo-netは急速に普及をしていったのです。

しかし、ここでのGoo-netを閲覧するメディアといえば、あくまでパソコンでした。
デスクトップパソコンですと外に持ち出すことはもちろんできませんし、ノートパソコンなら外へ持ち出すのは可能であるものの、それなりの大きさがありますのでいつでもどこでもというわけにはいきません。
わざわざ中古車探すに特別な時間を割くのではなく、空き時間に中古車探しをサクサクッとしたい、そんな忙しい人もいるもの。
そこで登場したのが、Goo-netのスマートフォン及びタブレット端末用サイトです。

■パソコン用サイトとスマートフォン、タブレット端末用サイトの違い
インターネットを使って検索する点では、パソコン用もスマートフォン、タブレット端末用サイトも変わりがありません。
この両者が決定的に異なる点は、その操作性です。
パソコン用では、とにかくぱっと見た時点で豊富な情報が掲載されています。
クリックはマウスなどを使って行うのが一般的ですので、小さいアイコンでもピンポイントでクリックすることが可能です。
一方で、スマートフォンやタブレット端末用の場合、一つ一つの項目が非常に大きく記載されています。
中古車をブランドから探す場合も、各自動車メーカーのエンブレムと社名がでかでかと表示されており、指先でタップするのに十分な大きさです。
スマートフォンやタブレット端末用ですと、さらにデフォルトの画面では隠されている部分が多いです。
その場所をタップして、次の選択肢がプルダウン表示される形をとっていますので、デフォルトの画面が非常にすっきりとした印象です。
そして、ページ全体を見てみると、縦スクロールのみで全ての画面を閲覧することが可能で、横スクロールをする必要がありません。
縦画面で使うことの多いスマートフォンやタブレット端末の特性を生かしたページ構成です。

■スマートフォン、タブレット端末用サイトの内容
Goo-netのスマートフォン、タブレット端末用サイトは、基本的にパソコン用サイトと項目は同じです。
使い勝手が異なるだけで、中古車をブランドから探す、輸入車を探す、キーワードで探す、Goo鑑定車から探すなどの基本項目は違いがありません。
Goo-netからのお知らせも、GooPLUSやGoo保証、販売店レビュー投稿キャンペーンなど、パソコン用と同じです。
中古車を探す以外にも、パーツ取り付けや整備、オイル交換に車検など、車のメンテナンスに関する検索もパソコンサイトと同じように検索できます。
ページの最上部には、お気に入りに登録や履歴、メニューボタンもありますので、このあたりがパソコン用サイトと異なる点で消か。
お気に入りに登録しておけば、タップ1つで簡単にGoo-netにアクセスできます。

中古車探しは、いまやベッドの中でも海外旅行先でもできるようになりました。
暗い夜でも早朝だって中古車探しは可能で、それを可能にしたのがスマートフォン用サイトなのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る