ユーザー車検までにやっておくこと

ユーザー車検の予約をする

ユーザー車検を受けるとき、いきなり検査場に行って「ユーザー車検を受けさせてください」と言ったところで受けさせてはくれません。

ユーザー車検を行うためには、まずは運輸支局に連絡をしてユーザー車検の予約をしなければなりません。かつての陸運支局は電話予約のみでしたが、最近ではインターネットからユーザー車検の予約が出来るところも増えてきていますので、是非活用しましょう。

インターネット予約であれば、あまり時間のことは気にしなくてもいいかもしれませんが、電話予約をする際には窓口がオープンしている時間帯に連絡をしなければなりません。

その時間帯というのは、平日の午前8時45分から11時45分と13時から15時45分までのわずかな時間です。

そして、運輸支局が業務を行っている時間にユーザー車検の予約を入れなければなりませんが、その時間帯は平日の午前9時から12時と、13時から16時までとなっております。

窓口、運輸支局業務とも、土日祝日や12月29日から1月3日までの年末年始は休日となっておりますので、注意をしましょう。

お金を準備する

ユーザー車検は通常の整備車検と比べてお金がかからないのがメリットですが、それでも万単位のお金はかかってしまいます。

ちなみに、小型自動車をユーザー車検に通す場合には、以下のような費用がかかります。

自動車重量税が37800円、検査手数料が1400円、自賠責保険が30680円の、合計69800円は必ずかかってしまいますので注意をしましょう。

運輸支局の中にATMなどが設定されているわけではありませんので、一旦外に出て近くのATMでお金をおろすといいでしょう。

書類を準備する

ユーザー車検の中には、現地で調達する書類とあらかじめ準備しておかなければならない書類とがあります。

車検証

ユーザー車検で車を検査場まで持っていくわけですから、これは忘れるはずもありませんが、車の中に入れておくといいでしょう。

自賠責保険の証券

自賠責保険は新旧2枚が必要となります。

ユーザー車検を受ける際に忘れがちなのが、「新」の自賠責保険の証券を忘れてしまうことです。自賠責保険は、お近くの損害保険の代理店などでも申し込むことができますし、忘れてしまったという場合には運輸支局の窓口でも申し込むことが出来ます。

自動車税の納税証明書

軽自動車税などは、小さなレシートの半券みたいな紙ですので、なくしやすいです。

ホッチキスなどで車検証にとめておくとなくさないので便利です。

 

後の書類は、車検当日に運輸支局で準備するべきものなので大丈夫です。

事前に車の点検をしておく

ユーザーが車検までに行うことと言えば、後は事前点検といったところでしょう。

事前点検の中でも簡単にできることといえば、ランプ類の確認があります。ヘッドライトの照射角度などはなかなか自分で調べることが出来ませんが、ブレーキランプやバックランプなどの確認をすることはできます。

こういったランプ類の電球が切れてしまってはもちろんいけませんが、意外と見落としているのがカラーレンズの破損です。カラーレンズにひびがあったり割れていたりしていても、車検に通過することはできません。

製造中止になっている個性的な車となりますと、整備工場の在庫にもカラーレンズがないかもしれません。

そういった場合はどうすればいいのかというと、まずはメーカーに在庫を問い合わせてみるといいでしょう。トヨタや日産では、パーツ専門の会社がありますので、そこに問い合わせると早いです。それでもない場合には、オークションなどで探して入札するほかありません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る