ユーザー車検の疑問にお答えします

ユーザー車検というのは、より安く車検を受けたいという人に人気のある車検方法です。

しかし費用を抑えることができる一方で、なかなかなじみがないためによく分からないという人も結構いらっしゃいます。そこでここでは、ユーザー車検に関する素朴な疑問についてお答えしていこうと思います。

書類の書き方がよく分からない

通常の車検でしたら、書類の作成などは全て業者の方がやってくれます。

その手間賃も業者の料金には含まれてはいますが、その手間賃も削れるものならば削りたいと考えている人もいるものですが、ユーザー車検の書類は結構書くのが面倒ですし、間違えてしまったらもちろん受理してもらえず書き直しというはめになります。

それだけはなんとしても避けたいですよね。

ではどうすればいいのかというと、まずは窓口の人に書き方を教わるという方法があります。書類を提出するところ、自賠責保険料を支払うところ、それぞれのところには必ず窓口の人がいますので、そういった人に聞いてみるといいでしょう。

懇切丁寧に教えてくれる人もいれば、「そこに書き方が載っています」とだけ言う人もおり、個人差が大きい対応です。ただ人間心理として、忙しくないときにはできるだけ対応しようという気持ちがありますので、オープンしてすぐとクローズ直前は避けたほうが無難です。

どうしても確実に書類は通過させたい

そういった場合にはもうひとつの方法として、近くの代書屋さんにお願いするという方法があります。

代書屋さんというのはあくまでも俗称であり、行政書士というれっきとした国家資格を持っている人が事務所を構えています。

無料ではありませんが、1000円から3000円くらいで書類の作成をしてくれます。

不合格の箇所があったらどうするのか

ユーザー車検は基本的に、整備をする前にまず検査場で検査を受けるものです。

そこで不具合が見つからなければいいのですが、不具合が見つかってしまうとユーザーとしても焦ってしまいます。もし車検に合格しなかった場合には、その不具合箇所を直して再度検査を受けることとなります。

とはいえ、不具合がなくて単なるユーザーのミスという場合も結構あります。

例えば、スピードメーターの正確性を測定する検査で、ユーザーが指定された速度にしっかり速度を合わせられない場合、これでも不合格となってしまうのです。

本当に不具合が出たらどうするのか

とはいえ、本当に車に不具合があって不合格となるケースも少なくはありません。

そういった場合はどうすればいいのかというと、陸運支局近くの整備工場などに持ち込んで見ましょう。陸運支局や軽自動車協会の近くでは、行政書士の事務所と整備工場を探すのに不便をすることはありません。どこにしようか迷うほどたくさんあるので、自分の好きなところを選びましょう。

そこで「ユーザー車検でここが不合格になった」ということを言えば、整備工場のほうでしっかりと対応してくれます。例えば、ヘッドライトの照射角度が規定と異なる場合、しっかりと規定どおりの照射角度に直してくれ合格へと導いてくれるのです。

できれば前点検を

しかし、検査場のクローズ寸前に不合格になって、その後整備工場に駆け込んだとしても、とんぼ返りで検査に間に合うかどうかは微妙なところです。

お金の節約のためのユーザー車検も、かえって手間がかかってしまうことになってしまいます。そこでおすすめするのが、事前に整備工場に行き事前点検をしてもらうこと。

整備工場でも、検査場にあるのと同じようなテスター機器がありますので、本番さながらの検査を受けることができます。そこで不具合が発見されても、直した上で検査本番に挑めば、時間には十分に間に合いますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る