ユーザー車検とは何か

日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが、車検は何も業者に頼んで行わなければならないという規則はありません。

別に、自分で車検を通したって何の問題もないのですが、「そんなこと出来るのか」と疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。

「ユーザー車検」というのが、それに相当するシステムです。

車検をする業者の中には、自前で検査をする設備やラインがないところもあります。そういった業者の工場のことを「認証工場」というのですが、認証工場の場合には自分たちの工場でまず車の整備をした後、その車を陸運支局に持ち込んで検査ラインを通すのです。

自分たちで工場をもっているかもっていないかの違いこそあれ、車を陸運支局に持ち込んで検査ラインを通すのは、ユーザー車検であっても何ら変わりありません。ユーザー自身が車を陸運局に持ち込んで車検に通すこと、これを「ユーザー車検」というのです。

ユーザー車検は安い

ユーザー車検を選ぶ人、その理由として多く挙げられているのが何といっても、車検費用を大幅に節約することができるという点です。

車検費用というのは、多くのユーザーが抱える問題であり、できるだけ車検費用を抑えたいというのは共通した思いであります。車検費用は、法定費用とその他の費用に分かれますが、法定費用は整備つきの車検であってもユーザー車検であっても同じ金額を支払わなければなりません。

しかしその他の費用に関しては、ユーザー車検のほうが圧倒的に少ないのです。

法定費用が安い軽自動車であれば、合計で30000円程度でユーザー車検を受けることも不可能ではありませんし、5ナンバーの普通乗用車でも50000円程度で車検を受けることができます。整備月車検と比べると、実に30000円近い金額差があるのですから、選ばない手はありませんね。

ユーザー車検はこんな人におすすめ

とはいえ、全ての人にユーザー車検はうってつけというわけではなく、ユーザー車検の特性上、それにふさわしい人とそうでない人とがいます。

まずは、平日に休みが取れる人が望ましいです。

陸運支局は平日にしかオープンしておりませんので、平日に仕事をしている人は物理上ユーザー車検を受けることができません

もちろん、必ず本人が行かなければならないというわけではなく、代理の人にユーザー車検をお願いしても何の問題もありません。

次に、新車購入後最初の車検という人です。

新車を購入した場合、購入後3年が最初の車検ということになります。新車購入後3年であれば、車はほとんど何の異常もないのが実情であり、そこに多額の車検費用をかけるのはナンセンスというもの。

それならば、ユーザー車検に通しても何ら影響はないと考えられており、そういったユーザーが選択するケースが多いです。そして、ある程度車の知識がある人も、ユーザー車検向きといえることでしょう。

基本的に、車検に必要な項目以外は車検でも特にノータッチということになります。車検に必要な書類を集めたり、必要書類に記入をするためには、車検証などとにらめっこをして書かなければなりません。

車の知識がない人は、車検証のどこを見れば必要事項が書いてあるのか、それすら分からない人もいます。そんなときには陸運支局の近くに代書屋さんがあるのでそこにお願いしても構わないのですが、そうすると3000円程度の手数料を取られてしまいます。

これでは、せっかくのユーザー車検のメリットである「費用の安さ」のうまみが消えてしまうことにもなります。できることならば全て自分で書類作成を行い、検査ラインで自分で検査を行うことができるくらいの知識があることが望ましいです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る