民間整備工場での車検

車検を行ってくれる業者は、ガソリンスタンド、カー用品店、ディーラーなど様々あるものです。

ガソリンスタンドやカー用品店に関しては、料金が安いことが魅力的ではありますが、整備がしっかりなされているか正直不安に感じてしまうところであります。

一方でディーラーの場合、整備の腕は申し分ないのですが、いかんせん料金がガソリンスタンドやカー用品店と比べて割高なことがネックです。ガソリンスタンドやカー用品店のようにお手ごろな価格設定で、しかもディーラーのような確かに技術を持っている車検業者というのはないものでしょうか。

そんな人におすすめなのは、民間整備工場です。民間整備工場というと何だか聞きなれない業者ですが、要は街中にある自動車整備工場のことです。

作業工賃が安い

まずメリットとして挙げられるのが、整備工場の安い料金設定です。

料金を左右する大きな要素が作業工賃なのですが、これは決してどんぶり勘定で適当に決められているわけではありません。作業内容によって整備工場ごとに基準となる作業工賃が決められているのです。

基準があらかじめ決められていますので、キャリアの浅い整備士が作業をして時間がかかったとしても料金は同じですこの基準となる作業工賃が、整備工場はディーラーよりも安いのです。

リサイクル品を使う

もうひとつ、安い料金設定で欠かせないのが安い部品代です。

自動車のパーツは千差万別であり、ランプのような安い部品から高い部品まで様々あります。

部品はどのようなものを使っているのかというと、ディーラーは新品の純正品を使うケースが多くもっとも部品代が高いパターンとなりますが、一方でガソリンスタンドやカー用品店の場合には、新品の社外品を使うことが多く、純正品よりは安いものです。

では、整備工場はどうなのかというと、基本的には新品の社外品を使うことが多いのですが、お客様の要望にあわせて融通がきくのが大きな特徴です。

それはつまり、リサイクル品を使うということです。

廃車になった車で特に問題のないパーツは、そこだけ抜き取られるのですが、そういったパーツのことをリサイクル品と言います。中古品ではありますが、基本的には問題はありませんし、新品の社外品よりも安く済ませることが出来ます。

特に古い車を車検に通そうとすると、古い純正品のパーツがなく、社外品ではうまく合わないということがあります。そういった場合には、中古でもいいので純正品というリサイクル品があると非常に心強いものです。

整備士さんの腕は確か

もちろん、整備工場の整備士さんの腕がいいことは言うまでもありません。

一般的に、腕のよい整備士さんというとディーラーの整備士というイメージがあるのですが、ディーラーでは配置転換や人事異動が行われることも多いもの。そうなると、なかなかキャリアを積むことが難しくなってしまいます。

一方で整備工場の場合、配置転換もありませんし人事異動もありません。社長に人事異動したとしても、それでも整備をし続ける人も結構いますので、ベテラン整備士の数が非常に多いのです。

整備工場によってばらつきも

ただし、これらは全ての整備工場に当てはまることではなく、同じ整備工場だったとしても整備士さんによりばらつきも大きくなります。

ディーラーではしっかりとしたマニュアルが用意されていますので、どの整備士さんに当たったとしても大はずれということはありません。しかし整備工場の場合、その確率がディーラーよりも大きいということがいえます。

設備や規模も整備工場によってばらつきがあります。そして、最近のハイブリッドカーなどは、コンピューター制御されていることが多く、これにベテラン整備士さんが追いついていない可能性もあるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る