査定で見るエンジンルーム オイル漏れの問題点とチェック方法

中古車の査定の中でも要となるのが、エンジンルームの点検です。

最近では、100000キロメートル走っても平気で走る車はザラですが、それでも蓄積されたダメージはあります。

一見すると異常がないような車であっても、査定のときに異常が発見されることもないわけではありません。

では、査定の時にはエンジンルームのどんなところを見ているのでしょうか。

エンジンオイルの役目

油が入っているのは燃料となるガソリンだけだと思った方、それは間違いです。

ガソリン以外にも、車を走らせるためには様々なオイルが使用されているのです。その代表選手といえばエンジンオイルです。

エンジンの内部にもたくさんの金属パーツが入っており、毎分何千回転にも及ぶ運動をしています。

通常であれば、それだけの連続運動をしていると金属疲労を起こしたり熱を帯びたりするものです。

しかしエンジン内部にオイルが入っていることによって、金属パーツ同士の摩擦を軽減させて、さらにパーツが帯びた熱を吸収する役目も持っているのです。

エンジンが作動しているときエンジン内部は相当な圧力がかかっていますので、普通に加工しているとエンジンオイルが漏れる可能性があります。

しかしその点も心配いらなくて、エンジンにはゴムのパッキンやゴムのパーツがあり、圧力がかかってもエンジンオイルが外に漏れないようになっています。

エンジンオイルが漏れると

しかし、走行距離を重ねていくうちにエンジンオイルが漏れてしまうことがあります。

それはなぜかというと、エンジンルームに穴が開いたわけではなく、ゴムパッキンやゴムのパーツが劣化しているためです。気温変化や経年劣化によって、ゴムパーツも劣化していってしまいます。

エンジンオイルが漏れてしまうと、エンジン内部にある冷却水とエンジンオイルが混ざってしまい、エンジンオイルが粘りを無くしてさらさらになってしまいます。

そうなるとエンジン内部のパーツに粘るように張り付いて摩擦を軽減する効果が薄くなってしまいますので、最悪エンジンを壊しかねません。そうでないにしても、エンジンについているタイミングベルトまで油まみれになってしまい、まだまだ距離は走っていないのにタイミングベルトを交換せざるを得ません。

タイミングベルトを交換するためには、エンジンを車から降ろさないといけないのでかなりの手間がかかってしまいます。

エンジンオイル漏れのチェック方法

車の査定でエンジンルームなどの査定をするとき、リフトアップできる設備を持っているところであれば、リフトアップをして点検をするのが一般的です。

上から見るとわかりにくいエンジンオイルの漏れも、下から見てみるとそれは一目瞭然。エンジンオイルがしずくとなり、垂れているのがわかります。

もしそのようなリフトアップする設備がないところであっても、査定の際にエンジンオイルを見つけるすべはあります。

車のフロント部分をジャッキアップして、査定員が下に潜り込めばオイル漏れをチェックできます。

アスファルトがあるところでしたらしばらく査定する車を放置しておいて、その後車を移動させてエンジンのあったところのアスファルトにオイルのしみがあれば、それはエンジンオイルが漏れていることになります。

オイル漏れがひどいと、見なくても漏れている事が分かる査定員も多いです。それはオイルの匂いで分かるそうで、熱を帯びたエンジンルームにエンジンオイルが漏れると蒸発して、オイル臭をもたらすそうです。

エアコンをかけただけでもオイル臭が分かるというので、すごい実力ですね。

エンジンオイルは下に垂れるだけでなく上に飛び散ることもあり、その場合にはボンネットの裏側がオイルで汚れることになります。

そういったところからも、エンジンオイルの漏れを探すことができるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る