ディーラー車検のメリットとデメリット

車検を受けられる場所にはいくつかあります。

新車をディーラーで購入した人などは、そのディーラーに車検をお願いしてしまうという方が多いと思いますが、今回はディーラー車検について説明します。

ディーラー車検は純正パーツを使う

そんなディーラー車検ですが、まず最初に挙げられるメリットは、純正パーツを使用するということです

純正パーツというのは何かというと、その車種専用に作られたパーツのことであり、それと反対の意味を持つパーツが社外パーツ、あるいは汎用パーツと呼ばれるものです。もちろん、社外品や汎用パーツだからと言って問題があるというわけではありませんが、自動車メーカーが整備の際に推奨をしてくれるのはやはり純正パーツです。

他の車検を受けるところではなかなか入手をすることが難しい、低年式の車の純正パーツであっても、その車のディーラーであれば比較的容易に入手をすることができます。特に低年式であればあるほど、メンテナンスはしっかりと行っていく必要がありますので、汎用パーツよりも10000円くらい高い純正パーツであっても価値は十分にあると考えられます。

ディーラーの整備の腕は抜群

次のメリットは整備士さんの腕(スキル)です

ディーラーに勤務している整備資産は、もちろん全ての車に対応できるような整備を持っているのはいうまでもありませんが、その中でも特に自社の車の整備に関しては確固たる自信を持っています。ディーラー同士で整備大会というのを行っているディーラーもあり、日々整備の技術を磨いているあたりはさすがといえます。

また、最近のハイブリッドカーの増加も、ディーラー車検を受ける大きなメリット。最近のハイブリッドカーは、ほとんど全てのパーツがコンピューター制御になっており、素人にはなかなか手が出せないところです。

街の整備工場で車検を受けた際にも、整備さんがハイブリッドカーの整備に対する知識や技術をつけているかというと、それはよく分かりません。

それに対して、ディーラー車検であれば、ハイブリッドカーの整備に関する知識も技術もしっかりと身についていますし、専用のテスターもありますのでハイブリッドカーも安心して車検で預けることができるというわけです。

ディーラーにはメーカーのマニュアルがある

また、マニュアルの存在も大きなものです。

新車などが販売されると、その車の解説マニュアルや整備マニュアルというのが作られるのですが、実はこれはディーラーにしか提供されていません。その車ならではの整備が存在するとしても、このマニュアルがあれば完璧に行うこともできます。

ディーラー車検は料金が高い

しかし、ディーラー車検も決してよいところばかりではなく、注意すべき点というのもあります。

まず、料金が割高というところです

その料金が割高な理由としてはいくつか挙げられていますが、何といっても大きいのは作業工賃です。とはいえ、作業工賃をぼった食っているわけでは決してありませんで、明確な指数によって算出されています。

それによって算出された「時給」が、他の業者と比べても1000円以上高いのがその理由です。

純正パーツは確たる信頼性があるのがメリットですが、その分汎用パーツと比べると割高になってしまうところもネック。

ディーラーは休みが多い

また、意外と休みが多いところも注意点といえるところでしょう。

ディーラーは車の販売店でありますので、お客さんが多く来店する土日祝日はオープンしています。もちろん、その日は車検の受付も整備もオープンしているので何の問題もありません。

しかし、ディーラーは週1日かならずといっていいほど休みを取りますし、お盆休みや年末年始には長期間に及ぶ休みを取ります

休みを取るのはもちろんよいことなのですが、それで店全体が休みになってしまいますので、その期間は車検の受付も整備もストップしてしまうのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る