高すぎる査定にはご用心

自動車のユーザーからすれば、せっかく長いこと乗ってきた愛車ですから、できるだけ高い査定金額を提示してくれる買取業者にお願いしようというのは、何ら不自然なことではありません。

だからと言って、査定金額が高ければそれでいいわけでもありません。

中には、どう考えても高すぎる査定金額を提示してくる買取業者もあり、そのような買取業者は「地雷」の可能性が高いです。

普通は高すぎる査定はない

そもそも自動車の査定交渉は、例えばユーザーが100万円の希望金額を出していたら買取業者は600000円の査定金額を提示します。

色々と交渉を重ねていくうちに、最終的には800000円程度の買取金額で落ち着く、と言うのがごく普通の査定交渉です。金額の程度の差こそありますが、ユーザーの希望金額を買取業者の査定金額が上回ると言うことはあまりありません。

ところが、ユーザーの希望金額が600000円なのに、買取業者の1回目の査定金額が800000円だったと言うケースもないことはありません。

もちろんユーザー側からすれば、第1回目の査定金額ですでに自分の希望金額以上となっているわけですから、即契約をしたくなる気持ちも分かりますが、契約は少し待つのが賢明です。

もしかしたら、その金額には何らかの「地雷」が隠されているかもしれないのですから。

修復歴による減額を使い、高すぎる査定を出す

考えられるのは、最初に高い査定金額を提示しておいて、あとからいろいろといちゃもんをつけては金額を低くしていくやり方です。

もちろん、買取業者としても「言いがかり」とも取れるような理由で買取金額を下げたりはしませんので、ユーザーがなかなか文句を言いにくい点で価格を下げることを図ります。

その典型的な例が、修復歴です。

車の査定における「修復歴」と言うのは、単に板金でドアの凹みを修復しただけでは「修復歴」とは言いません。

車の骨格に関わる部分の板金修理などを行った場合に限り、「修復歴」と言うのです。

修復歴に関するこういったことはあまり一般ユーザーの知るところではありませんが、買取業者はここをついてきます。

「ここ、ドアの凹みを修理したあとがありますので修復歴となって大幅マイナスです」と言うのです。

確かに、ドアの凹みを修理してプラス査定になるわけがなく、むしろマイナス査定ですが、さほどのマイナスとはなりません。

また、真っ当な修復歴でしたら確かにかなりの減額は覚悟しなければなりません。

しかし、ドアの凹みの修理くらいで「修復歴」扱いにして、大幅な査定金額の減額をしてくる、これが高すぎる査定金額のカラクリのひとつです。

高すぎる査定を仕掛けるスタッフ

また、これは買取店の問題よりも買取店のスタッフの問題によるところが大きいのですが、契約書の様々な免責事項を繰り出してくるケースがあり、それによって査定金額の減額をしてきます。

どこの買取店でもノルマがあり、それに届かないスタッフは何とかしてノルマを達成させようと必死です。上質な車を何とかして買い取りたい、その一心であまりにも高すぎる査定金額を提示してきたりします。

ユーザーとしてはうれしくて契約をしてしまいますが、その後に契約書の免責事項を盾に減額を求めてくるといった具合です。

高すぎる査定対策

このような高すぎる査定でなかないためにはどうすればいいのでしょうか。

最も基本的なことは、すぐに契約をしないことです。高すぎる査定をしてくる買取業者に限って、「すぐに契約してください」とけしかけてきます。

契約書さえ結んでしまえば、あとは免責事項を盾にいくらでも減額できるからです。契約前の段階でしたら、減額が気に入らなければ「じゃあいいです」と店を出ればそれで済みますからね。

それでもどうしても引っかかってしまった場合には、最寄の消費生活センターや買取業者の本部に電話をするのがいいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る