中古車査定でしつこいセールスをどう回避するか

あなたが、自分の愛車を手放して新しい車を購入予定であるとしましょう。

今の愛車を手放すのには様々な理由があることでしょう。

「家族が増えるので、今の愛車では小さい」や「今の車の車検が迫ってきている」、あるいは「今乗っている車に飽きてしまい、ほしい車が出来てしまった」なんて理由もあるでしょう。

その時点で、今の愛車を手放すことは気持ちの中で確定をしているわけですが、新しい車をどうするかに関しては、「次に買いたい車が決まっている」か「これから車を決める」かの大きく2通りの考えがあります。

手放す車と購入する車

新しい車を購入するためには、先立つものがなければなりませんが、今の愛車を買い取ってもらったお金をその資金に充てる人も少なくはありません。

その買取金額がいくらかによって、新しい車の選択肢はより拡大すると言っても過言ではないでしょう。実際に中古車の買取をお願いする際にも、必ずと言っていいほど「次の車はどうするんですか」と聞かれます。

その際には別にうそをつく必要はなく、「実は全くの白紙状態なんですよ」とか、「ある程度ほしい車は決まっているんですけどね」や、「いい車ありませんかね」なんて聞いてもいいでしょう。

押し付けがましいセールスを回避するには

もしその買取業者が中古車販売も行っているのであれば、「当社の中古車ならばこれくらいの値段で乗れますよ」と言ってくることでしょう。

中にはこれを「押し付けがましいセールスだな」と考える人もいますが、そうでもありません。新しい車のめどが立っていない人であれば、参考情報として入れておいてもいいでしょう。

ただしここで気をつけなければいけないのは、そのセールスにそのまま押し流されないことです。

しかし、意思の弱い人ですとそのまま流されてしまう可能性も否定できません。

そういった場合にはしっかりと「車を売るときも買うときも、色々な業者を回ってじっくり選びたい」と言っておきましょう。こう言うことで、買取業者の「即決で車を買わせよう」という思惑通りにはならないこととなります。

さらにダメ押しの一言として、「金額も大事ですけど、何より自分が気に入るかどうかで決めたいです」というのです。これを言うことによって、査定金額アップや値引きをえさに即決させよう、と言う業者の思惑も崩れることとなります。

だからと言って、こういったユーザーに対する買取業者の印象が悪くなるわけではありません。このユーザーは車に対して実に真摯な姿勢であり、いいお客さんであると言う印象を持たれることでしょう。

「買うから」には注意が必要

しかも、新しい車を購入することを査定交渉の武器として使える可能性も出てきます。

「ここで新しい車を検討してもいいので、その分愛車の査定金額を上げてほしい」と言えば、買取業者も悪い気はしません。こちらのほうが、買取金額のアップや購入金額のマイナスには即効性があるように思えます。

しかし、この「武器」を使う際には取扱に注意が必要です。

「ここで買うから」と、複数の買取業者に言っておいて買取価格のアップを狙い、結局車を買うことをしなかった場合、そのユーザーは買い取り業者から相手にされなくなる可能性があります。

ユーザーが口にする「買うから」は必ずしも本心ではなく、買取業者に相手にされないことを恐れて、興味を引こうとつい言ってしまうことも少なくありません。

こうして見てみると、「急がば回れ」と言う言葉が頭に思い浮かびます。

本当に高く買い取ってもらうのであれば、多少時間がかかっても複数の買取業者を回り、誠実に車と向き合う人の方が結果的に得をします。

「急いてはことを仕損じる」と言うことわざもありますが、苦労せずに買い取り価格のアップを狙おうと「買うから」と言うと、結果的に損をしてしまう可能性もあるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る