車検が切れたら仮ナンバー

当然のことですが、車検は有効期間内に受けないといけません。

有効期間内に車検を受けないと、その自動車を公道で走らせることは出来なくなってしまいますので、非常に不便を強いられることとなってしまうのです。車検の有効期間については、車検証にしっかりと記載をされていますので、忘れずに車検を受けるようにしましょう。

しかし、自動車税を支払い忘れたときにはしっかりと督促が来るにもかかわらず、車検が切れそうなときには何のお知らせもありません

そのため、車検があるのをうっかり忘れていた、もしくは車検があるのは知っていたが、個人的に様々な事情があって車検を受けることができなかったということも、ない話ではありません。そのような場合はどうすれば良いのでしょうか?

再車検という選択肢

事情はどうあれ、車検が切れていては公道を走ることはできません。

ではそういった場合どうすればいいのかといえば、再び車検を受ければいいのです。

車検を受ける場所については、運輸支局でも構いませんし、ディーラーでも構いませんし、近所のガソリンスタンドでもいいでしょう。ただしそこには問題がひとつあり、それはいずれの場所に行くにおいても、必ず公道を走らなければならないということです。

公道を走った時点で「無車検車走行」という罪になってしまうので、重い罰則が待ち構えています。だからと言って、業者のほうから出向いて車検をしてくれたりということはありませんので、必ず公道を走行しなければなりません。

仮ナンバーとは

そんなジレンマを解消する方法があり、それが「仮ナンバー」を使用すると言うものです。

街中で、白いナンバープレートに右上がりの赤い斜線が引いてある、そんなナンバープレートを装着している車を見たことはありませんか。それこそが仮ナンバーであり、決してご当地ナンバーなどではありません。

仮ナンバーというのは何かというと、車検の有効期間が切れた車に装着することで、一時的ではありますが公道を走行することが出来るというナンバープレートのことです。

通常のナンバープレートは運輸支局で発行されるものですが、仮ナンバーを発行するのはお住まいの市区町村です。より正確に言うのであれば、仮ナンバーは発行して与えるものではなく、貸し与えるものなのです。

仮ナンバーはどうしたら借りられるのか

では、そんな仮ナンバーはどうしたら借りることが出来るのでしょうか。

まずは、市区町村の役場に行くのですが、その際にもちろん車検の切れた車に乗って行ってはいけません。

次に、いきなり行って仮ナンバーのような重要なものを貸してくれるわけはありませんので、色々と書類や必要となるものがあります。

まず必要なのが印鑑ですが、これは実印や銀行印である必要はなく、三文判のような認印で大丈夫です。

次に、自賠責保険証の原本ですが、車を走らせる際には自賠責保険も有効でなければなりませんので、借りる日から1ヶ月以上有効な自賠責保険証を用意しましょう。

また、仮ナンバーを装着する自動車の確認書類ですが、もっとも確実なのは車検証です。もちろん有効期限が切れている車検証で大丈夫です。

もし車検証をなくしてしまったというのであれば、車庫証明の書類などでも代用できますので安心してください。そして忘れてはならないのが手数料で、金額は自治体によって異なりますが大した金額ではありません。

これらを用意した上で、書類に記入をしていくのですが、その書類には車検場までのルートなどを書き込まなければならない場合もあります。

そして無事に車検を通過することが出来たならば、仮ナンバーは返却しなければならないのですが、申請日当日を含めて3日間が返却期限となりますので、忘れないようにしてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る