自動車査定の交渉で最初に希望額を言ってはいけない

中古車の査定交渉は中古車買取業者が有利

中古車の査定交渉は、ユーザーと中古車買取業者との「戦い」と言っても過言ではありません。

戦いには様々な戦術を用いることが有効であり、それは中古車の査定交渉においてももちろん当てはまることです。

中古車の査定交渉における戦術にはさまざまなものがありますが、戦いに慣れている人の方が、つまり何件もの中古車査定交渉を繰り広げている中古車買取業者のほうが、戦術のバリエーションも多いものです。本来であれば、「鍵」となる車はユーザーが持っていますので、ユーザーのほうが有利に中古車の査定交渉を進められるはずです。

しかし現実的には、中古車買取業者のほうが終始有利なペースで中古車の査定交渉を進めているのですが、それはやはり戦術を練っているからに他なりません。

ユーザー側の戦術上の武器は

では、中古車買取業者に太刀打ちできるような戦術を、ユーザー側には持ち合わせていないのかと言うと、そうでもありません。

ユーザー側の武器は、「車」以外にも「売却時期」や「希望額」と言ったものがあり、これを最大限活用することが重要です。

しかし、車は最初の査定の段階で中古車買取業者に徹底的に査定されてしまいますので、亜途から武器になるとすれば売るか売らないか、と言ったものでしょう。

「売却時期」に関しては、中古車買取業者は出来るだけ早く売ってほしいと考えています。しかし、ユーザー側の都合もありますので、なかなか折り合いがつきません。

ユーザー側としても、売却時期を戦術に組み込むことは結構難易度が高いものです。

希望額は最初に言ってはいけない

そう考えると、戦術として最も使いやすいものといえば、「希望額」ということになりますが、希望額の戦術も使い時があります。

まず、これは基本中の基本なのですが、「最初にいきなり自分から希望額をいわない」ということです。

「そんなの当たり前じゃないか」と考える人もいますが、中古車買取業者はありとあらゆる手で希望額を聞きだそうとします。

中古車買取業者に査定を依頼している間、業者にアンケートを書くようにといわれることがありますが、このアンケートがくせ者。何気に希望額や売却時期を聞きだそうとしているので、あくまでも任意であるアンケートは空欄にしておいても構いません。

最初に希望額を言ってはいけない理由、それは大きく分けて2つあります。

まずは、希望額を言ってそれが相場よりも安い金額であった場合、即決されてしまう可能性があるということです。

もっと高く買い取ってもらえる可能性があるのに、これではチャンスを自ら棒に振るようなものです。

希望額は反撃の切り札

そしてもうひとつ、こちらのほうが重要なのですが、反撃の手札として使うためにも、希望金額は言ってはいけないのです。

前述しましたが、中古車の査定交渉においては、中古車買取業者のほうが明らかに多くの修羅場を潜り抜けています。中古車買取業者はまず、相場よりもかなり安い金額で話をまとめようとしますが、ユーザー側もそれでは納得しません。

「もっと高くして」と粘われる場合もあるでしょうから、そういった場合には「すこし色をつけましょう」と言うことでちょっとだけアップしてくれるのです。

これでお得だと思ってはいけなく、実際にはこの金額でもまだまだ相場よりも安いのです。

「他の業者に頼みます」とユーザー側が言ったとしても、「うちに売ってくれればこれだけ色をつけましょう」と言うことでちょっとアップしてくれますが、これでもまだ相場よりも低いです。

こういった状況を打開するのが、「希望額」です。

このタイミングで自分の希望金額を他の業者の査定額として言うのです。

「他の業者はこれくらいの査定額を提示してきました」と言えば、この戦術は大きな効果を発揮する場合があります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る