査定は相場より少し高い金額を提示する

愛車を買取ってもらうのであれば、できるだけ高い金額で買取ってもらいたいのは、誰も同じことですね。

買取ってもらうためには、ディーラーや中古車販売店、そして買取専門店に愛車を査定してもらうことになるのですが、愛車を査定に出す前にやっておかなければならないことがあります。

市場の相場を知っておこう

それは、「買取市場の相場を知っておくこと」です。

ではもし、買取相場の知識がないまま業者に査定をお願いしたらどうなるでしょうか。

「ちょっと傷があるのでマイナス査定」

「人気がないのでマイナス査定」

と言う風に、業者側のペースで交渉は進んでいき、最終的には業者の言い値で買取られてしまったなんて結果にもなりかねません。

とは言っても、どうやって買取り市場の相場を知ればいいのかといえば、それはインターネットの一括査定を利用することです。

インターネットの一括査定は誰でも無料で簡単に行うことができますので、査定をしてもらう前には必ずやっておきましょう。インターネットの一括査定のメリットは、1回の入力作業で複数の業者に査定をお願いすることができます。

査定においては、この「複数の業者」に依頼をすることがポイントとなります。

例えば、3社から査定の回答があって、A社が100万円、B社が110万円、そしてC社が120万円と言う金額を出したとしましょう。

この場合の見方としては、3社の査定金額の真ん中の金額である110万円を参考にするのではなく、3社の中で最高金額をつけたC社の120万円を大いに参考にしましょう。

相場と言うとつい「平均」と考えがちですが、そうではありません。

車のユーザーの目標は相場価格で売ることではなく、できるだけ高額で売ることなのですから、最も高い金額を参考にするのは当然のこと。

C社だって、120万円と言う数字を出してもそれでも利益はあると踏んでいるから、その金額を出しているのです。

査定は複数業者で

インターネットの一括査定は実際にその車をみているわけではありませんで、過去の実績などからはじき出された数字となります。

この際の交渉相手としては、まずはC社ということになりますが、C社だけにしぼってはいけません。

A社とB社は様子見で100万円と110万円と言う金額をつけただけで、まだまだ余力がある可能性もあります。

実車を見てもらっての査定も、複数業者で行うのが効果的です。

ライバルを匂わせる

さて、そこで実際に車を見てもらってから本当の査定交渉が始まるわけですが、ここでユーザーが行うべきことは、ベースの120万円からどれだけ上積みをできるかということです。

最高金額以上の金額で買取ってもらうことなんて本当にできるのだろうか、と考えている人もいますが、これが中古車の面白いところです。

新車には希望小売価格が存在しますが、中古車にはそれが存在せず、中古車の業者が勝手につけているといっても過言ではありません。この際に有効なのが、「他の人がこの車をもっと高い値段でほしがっている」というのです。

そうすると買取り業者は気になって、「それはどこの買い取り業者さんでしょうか」などと聞いてきます。

買取り業者もその車がほしいとあれば、なんとしても他の人にはとられたくないという考えはあります。しかし、同業他社であればある程度内情も分かっていますので、ユーザーの言っていることがうそか本当かも分かってしまうと言うものです。

そこでユーザーが言うべき言葉は「業者ではなく友人がほしいと言っているんです」です。

こうすれば、業者の常識は通用しませんので、値踏みをすることができなくなります。

そこで業者が思案の末に金額を上げてくれればしめたものですし、そうでなければ別の買取業者をあたってみるのもいいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る