車の査定金額をすぐには教えてくれない場合の対処法

査定金額をすぐには教えてくれない

中古車を手放すとき、最近ではインターネットの買い取り査定のサイトなどを見てから決めるという方も結構多いようです。

インターネットで買取り査定の申込をすると、多くの場合、そのあとにメールや電話で返事が来ますが、その段階では基本的に買取価格を教えることはありません。大まかな金額を教えてくれるところもありますが、中にはそれすら教えてくれない場合もあるのです。

それでは、インターネットで一括査定をした意味がないのではと考えたくもなりますが、ご心配なく。

そういった業者の場合は「実際に車を見てみないとわかりません」と言います。

一見すると無責任な発言のようにも思えてしまいますが、実際に見てみないとその車の本当の査定金額は分からないと言うのは、ある意味真っ当な言い分です。

実際問題として、仮に電話やメールの段階で大まかな査定金額が分かったとしても、その段階で「売りますのですぐに契約しましょう」と言うユーザーはまずいません。

ある程度の価格が分かっていたとしても、やはり最終的には実際に車を持っていって査定をすることとなるでしょう。

ちなみに、こういった連絡をしてくる人は、基本的にはその買取店で査定を担当している人がしてくることが多いのですが、最近では査定を担当していないスタッフや「テレアポ」のような女性スタッフが連絡をしてくる場合もあります。

売る気を見せること

この段階で気をつけてほしいことがあります。

それは、「売る気を見せること」です。

最近では、インターネットの一括査定サイトで査定を申し込むとポイントがもらえる、そんなサイトも増えてきています。しかもそのポイントがなかなか馬鹿にならないポイントですので、ポイント欲しさに査定を申し込む人もいます。

また、ポイント目当てでないとしても、「とりあえず買取り相場を知りたいだけなので」と言う人もいることでしょうが、それではいけません。買取り業者の立場に立ってみても、「とりあえず査定をしてみる」と言う人よりも「売りたいので査定をしてみる」と言う人がいるとしたら、後者のほうに熱心に取り込むことでしょう。

前者の場合には冷やかしと言うことも考えられますので、そういった人に真剣に向き合うだけ労力のむだと考える査定員の人もいるでしょうし、中には後回しにされてしまうこともあります。

希望金額と売却時期

売る気をしっかりと見せたならば、いよいよ買取り査定の交渉に入るわけですが、ここで重要なのが希望金額と売却時期を明確にしておくことです。

複数の買い取りサイトを見てある程度相場が分かっているという人、実際の同じ車を売却した人の話を聞いている人などは、明確な希望金額が浮かんでいるでしょうが、これを査定スタッフに話すかどうかは自由です。

希望金額は、ユーザー側の交渉の切り札となるべきものですので、高ければ売るというスタンスでも全然構いません。

希望金額よりもむしろ重要なのが、売却時期です。

車検までまだまだ期間があるから、それまでに手放せばいいと考えているのであれば、もちろんそれでも構いません。

しかし、買取業者側の立場からすると、できるだけすぐに売ってくれたほうがありがたいのです。

買取り査定の金額はあくまでもそのときの車の状態から見て判断をしたものです。車そのものの状態ももちろんですが、それを取り巻く状況の変化なども考慮に入れて算出した金額です。

そうなると「すぐに売ってください」「他に査定を依頼するならそれを断ってください」とかなり強引に進めてくるスタッフもいるでしょうが、そこはユーザー側が主導権を握りましょう。

「他のお話も聞いて、その上で売却先を決めるときには必ず連絡しますので、それまでアップの余地があるか検討してください」と言うのです。

そうすれば、最終交渉で更なるアップが見込めます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る