他店の査定金額を武器に交渉しよう

自動車の買取業者が買取り査定をするとき、参考にするものが相場データです。

ほとんどの買取業者は、この相場データを参考にして買取り査定を行いますので、相場よりもあまりにも安いような買取査定金額、逆に相場よりもあまりに高いような買取査定金額は滅多に出てきません。

しかし、相場データはあくまでも相場データであり、必ずしも新鮮な情報とはいえません。

中古自動車の買取査定相場は日々変動していくものであり、よって相場データの鮮度がよくなければ、それを基に算出した買取査定金額もまた新鮮だとは言えません。

他店の買取価格は新鮮な情報

では、新鮮な相場情報と言うのは一体何かといえば、それは他店での買取り査定価格です。買取り業者にとって、これ以上に新鮮な情報はないと言えましょう。

最近では、インターネットを使って買取り業者のホームページにアクセスをして、大まかな査定金額が分かるようになっています。

また、複数の買取業者に一括で買取り査定の依頼をするホームページもあり、非常に便利な時代となっています。

しかし、この結果で出た金額をそのまま持っていったとしても、それは必ずしも新鮮な情報とはいえません。

本当の意味で新鮮な情報と言うのは、インターネットの査定金額を持って実際に買取り業者の店舗へ赴き、査定員によって自分の車を見てもらって査定をしてもらい、さらに交渉をして出た金額のことをいいます。

新車でも希望小売価格では買わない

例えば、新車を購入するケースを例に挙げましょう。

新車には希望小売価格が設定してありますが、新車を購入するときにその金額のまま購入する人は滅多にいません。

そんな人がいたのであれば、よほど気前がいいか、よほど急いでいるかのどちらかでしょう。

新車を購入するときには、まず小売価格をベースとして、それからどれくらい値引きしてもらえるのかと言うのが、通常の交渉です。

オプションをどれだけつけるか、あるいは削るかによって価格は変動しますし、乗り換えであるならばその車を下取りに出すことで更なる値引きも期待できます。

また、販売店によっても差が出ることがあります。

例えばトヨタプリウスは人気車種なだけに、多くのトヨタディーラーで扱っていますが、中には販売系列が異なるところもあります。

「トヨペット」「ネッツ」「カローラ」「トヨタ」と言う名前のついた販売店を見たことがありますが、いずれもトヨタの車を販売しておりますが、横のつながりはさほどありません。

プリウスのように、複数の販売店で販売されている車種であれば、トヨペットとトヨタで天秤にかけて値引き交渉をするということも決していけないことではありません。

扱う車種は同じだけに、あとは販売店のがんばりにかかっているというわけです。

査定の見積書を持っていこう

少し話が脱線しましたが、中古車の買取査定も同じことです。

大手買取業者でも、ガリバーやアップル、ラビットと言った業者があり、これらの業者を一括でインターネットから買取り査定を依頼することも出来ます。しかしこの時点での価格には、まだ信憑性はありません。

面倒かもしれませんが、ガリバー、アップル、ラビットにそれぞれ車を持ち込んで査定金額を出してもらい、見積書を出してもらうのです。

この際是非やっておきたいことと言えば、査定アップポイントを見積書に書いてもらうこと。ただ査定額の合計を書いてもらっただけでは、その内訳がどうなっているのかが分かりません。

最初の査定金額はこうだったけど、ここが査定アップポイントで10000円アップ、と言うように書いてもらうのです。それを他の買取業者に見せれば無言のプレッシャーとなり、追随して査定アップポイントにならって、査定金額をアップしてくれるでしょう。

このように、他の買取業者の査定見積書は大きな武器となるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る