車の査定交渉が行き詰まった時の対処法

インターネットで買取り査定の申込をした場合、実際にお店に車を持ち込んでその場で車を査定員に見てもらいます。

そして査定金額が出てくるわけですが、何も考えずにその査定金額で納得してはいけません。

買取り業者が最初に言ってくる査定金額は、「この金額で買取れたらもうけもの」と言うような金額なのですから。

買取を希望する人は、提示された買取金額からさらに上積みをしなければなりません。

一方で買取り業者も、最初の査定金額から上澄みするのは織り込み済みとはいえ、あまり大幅な上積みはしたくはありません。買取り業者とユーザーの間で、着地点を探り合う査定交渉が始まるわけです。

しかし、その金額の差がなかなか埋まらず、どうしようもなく行き詰ってしまうこともあります。

差額が大幅な場合

たとえば、ユーザーの希望金額が180万円であり、買取業者が提示した金額が160万円だったとしましょう。

この「160万円」が最初の段階で提示をされた金額であれば、まだ買取り業者には余力があるということですので、もちろんこの段階でユーザーは納得してはいけません。

しかし、最初の提示金額が140万円であり、交渉を積み重ねた結果160万円までアップしたが、個々で交渉が行き詰まった場合には話は別です。

買取り業者としても、かなりがんばってがんばって、妥協に妥協を繰り返した結果の160万円ですので、おそらく買取り業者の利益はあまりないでしょう。

しかも、その金額が、相場と比べても他社と比べてもかなり高いというのであれば、ここはユーザーのほうが折れるべきでしょう。

もしここで無理に「もう一声」を求めて交渉が決裂した場合、別の買取交渉でこれと同じような査定金額が出るとは限りません。中古車は生鮮食品のようなもので、早く売ったほうが買取り金額は高くなりますから、一刻も早く売って現金を手にしたほうが得策です。

数万円の差額の場合

ユーザーの希望金額と業者の最終提示金額に20万円の開きがあれば、それを埋めるのはなかなか容易なことではありません。

しかし、数万円の開きであれば、何とかすれば埋められるような金額の差でもあります

この金額の差を埋めるためには、ユーザーにとって有利な情報を小出しにするといいでしょう。

例えば「他の買取業者にも査定をお願いしており、ここは3軒目です」と言うような情報です。

買取り業者にとっては、本当にほしい車をライバルに取られるくらいならば、少し無理をしてでも買取ろうと言う気が起きてきます。

また「乗換えをしようと思っているが、急ぎではない」と言う言葉も効果的です。

ユーザーがすぐにでも買取してもらう必要がある姿勢を見せると、買取業者は足元を見て、可能な限り迅速に買い叩こうとするからです。

どうしても数万円の差が埋まらないときには、一旦連絡を絶つといいでしょう。

来店したのであれば退店し、出張査定ならかえってもらい、電話ならば切ってしまいましょう。それでも買取り業者のほうがほしいのであれば、「3万円くらいならば何とかがんばれますが」と連絡が来ます。

あらかじめ具体的な数字を挙げておくと、買取業者も「がんばりやすく」なるでしょう。

引渡しの時期が合わない場合

金額面では合意しているのですが、引渡し時期が合わないと言う場合もあります。

買取り業者としては、生鮮食品のような中古車はすぐにでも引き渡してほしいものですが、ユーザーにも車がまだ必要な事情があったりします。そういったときにはどうすればいいのかというと、相談してみることです。

車を引き渡してから、車が必要なのであれば代車を貸してくれる業者もなくはありません。もし代車の用意がなく、繁忙期の買取査定であれば、車を手放すタイミングで改めて査定をしてもいいでしょう。

繁忙期であれば、少し期間がずれても査定金額が大幅に下がることはありません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る