対人賠償保険・対物賠償保険の次に重視すべきは「傷害保険」

自動車保険で最優先すべき担保種目は、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」であることはいうまでもありません。

しかもこの2つの担保種目、両方とも保険金を「無制限」に設定しておくことが重要です。

そうすることによって、高額な賠償金の支払を命じる判決が出たとしても、路頭に迷うことはありません。

次に重視すべきは「傷害保険」

この2つが最重要なのは大体想像が出来るのですが、その次に重要視すべきはどの担保種目でしょうか。

それは「傷害保険」です。

賠償保険は相手に対して支払うものなのに対して、傷害保険は自分に関連する支払の保険です。

ある程度自分で上限をコントロールすることも出来ます。

しかし、一口で傷害保険といっても様々な種類があります。

代表的なものだけ挙げても、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険、そして自損事故傷害保険などがありますね。

このうち後ろの2つに関しては自動付帯となっているので、選択の余地はありません。

究極の選択は?

となると究極の選択になるのですが、人身傷害保険と搭乗者傷害保険のどちらを選ぶか、ということになります。

もちろん、全てにおいて万全の備えをしたいというのであれば、全てをつけておけばいいのですが、保険料のことを考えるとそうも行きません。

では、この2つはどう違うのでしょうか。

搭乗者傷害保険はシンプル

搭乗者傷害保険は、非常にシンプルな保険です。

搭乗者傷害保険というのは、その車に乗っていた人全て(運転手も含む)が怪我をしたときに支払われるものです。

死亡した時はもちろんですが、後遺障害が残ったり手術をしたり、入院や通院をした場合にも支払らわれます。

搭乗者傷害保険における死亡保険金を1000万円に設定していた場合、死亡したらそのまま1000万円支払われます。

普通に考えれば当たり前のようですが、保険商品でここまで太っ腹な支払は、無制限の対人や対物を除くとなかなかありません。

一方死亡した以外のケースとなりますと、医療保険のように入院1日10000円、通院5000円と言った日数によって支払う方法と、どこを怪我したかの部位別で支払う方法があります。

人身傷害保険は若干分かりにくい

搭乗者傷害保険の分かりやすさと比べると、人身傷害保険は「保険ならでは」の若干分かりにくい補償となっています。

人身傷害保険は、車に乗っていて死亡や後遺障害、あるいは怪我をした場合に、過失割合に関係なくまず支払われるものです。

示談を待つ必要がないので、一見すると非常に使い勝手の良い保険のように思えますが、少し面倒です。

例えば、人身傷害保険を5000万円に設定したとして、交通事故を起こしたとしましょう。

普通の交通事故で、相手が100パーセント悪いと言うことはなかなかありません。

自分の損害金額が5000万円だとしても、そこには過失の割合が存在し、例えば自分が2割で相手が8割の責任があるとします。すると、自己負担が1000万円、相手負担分が4000万円となりますが、相手負担分が入ってくるのは通常ならば示談が完了してから。

示談で1年以上かかることも珍しいことではなく、その間4000万円が入ってこないというのでは、こちらが大赤字となってしまいます。そこで人身傷害保険に加入してれば、示談が完了していなくても4000万円を支払ってくれるのです。

しかし人身傷害保険の場合、その人がどれくらいの収入を今後得ることが出来たか、それを加味して支払われるのです。

言い方は悪いですが、前途洋洋な若者のほうが、老い先短いお年寄りよりも保険金は多くなります。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険、どちらがいいか

人身傷害と搭乗者傷害保険、どちらのほうが使い勝手が良いのでしょうか。

それは前者です。

前者はすぐにでも保険金の支払がおこなわれるのに対して、後者は入院や通院が終わったあとに請求することとなります。当座の生活に困らないのは、人身傷害保険なのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る