対人・対物の自動車保険は無制限が良い

自動車保険が自由化されて、かなりの期間が経過しました。

自由化されてからというものの、保険会社各社ではユニークなサービスなどを設けて、加入者を増やそうと躍起になっています。

「あそこの保険会社は50キロまでレッカー代が無料」とか、「ここの保険会社ならばロードサービスがただ」と言うような魅力的な言葉もあるでしょう。

しかし、万が一のときに加入しておくのが自動車保険というもの。

ロードサービスが必要なときと言うのは「万が一」ではなく、「万が十」くらいのものでしょう。

本当の万が一のときを考えて、自動車保険は選ぶのが必要なことなのです。

必要な補償を選ぶ

自動車保険には様々な補償があります。

代表的な補償

  • 対人賠償保険や対物賠償保険
  • 人身傷害保険や搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 自損事故傷害保険
  • 車両保険
  • 各種特約

全ての保険が重要であることはいうまでもないのですが、その中でもとりわけ重要なものがあります。

対人・対物は無制限で

それが、最初に挙げた「対人賠償保険」と「対物賠償保険」です。

他の保険や特約に関しては、基本自分に保険金が入ってくるものですが、対人賠償保険や対物賠償保険に関しては、相手に保険金が支払われることになっています。自分に入ってくるお金でしたら自分で調節することが出来ますが、相手に支払うお金をこちらが指定することはできません。

特に最近では、死亡事故に対する賠償金の高額化が止まりません。

死亡事故を起こしてしまうと、数億円にも上る賠償金を支払う命令が裁判所から出ることも、決して珍しくはありません。自動車に乗っていると、必ず加入しなければならない「自賠責保険」でも、せいぜい数千万円が上限です。

これではとても数億円の賠償金を支払うことが出来ません。

人の命に値段はつけられませんが、それでも賠償金と言う形で値段をつけると、億単位になる事は容易に想像できます。人の命を対象とする対人賠償保険と比べると、人の「もの」を対象とする対物賠償保険はどうしても軽く見られがちです。

しかしこれも、実際の賠償例を見てみますと、数億円の賠償命令が出ることも珍しくありません。

例えば、車がお店に突っ込んでしまい、そのお店が営業再開する間の補償なども賠償金でまかなわなければなりません。そうなると、数億円の賠償も納得ですね。

こういった理由もあり、対人賠償保険と対物賠償保険に関しては、その補償を「無制限」にすることが一般的です。

無制限にしておけば、数億円の賠償金の支払い命令が出ても、保険会社がお金を支払ってくれますので、事故を起こした人まで不幸になることもありませんし、賠償金の支払が滞ることもありません。

無制限にすると保険料は

対人賠償保険を無制限にする人は多いですが、「保険料が惜しい」と言う理由で対物賠償保険の上限を設定している方がいます。

例えば、1000万円や2000万円を上限としている人たちです。しかし実際のところ、対物賠償保険を無制限にするのと制限を設けるので、保険料の違いはさほどありません。

あったとしても、それをはるかに凌駕する「対物」に関する安心が担保されるのです。

ですので、対人と対物はどちらも保険は無制限にしておくのがおすすめです、というよりもそうしましょう!

他の補償内容に関しては、正直なところ二の次です。対物と対人をまずは無制限でしっかりすること、これは保険選びにおける大前提です。

それでも保険料が気になる方は、インターネットなどで無料で保険の見積りを取ることが出来ます。それを使って、少しでも保険料を安くするように心がけましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る