ノンフリート等級と事故の種類

自動車保険の保険料における「キーポイント」ともいえるのが、ノンフリート等級です。

等級の数字が大きければその分だけ保険料が安くなり、逆に、等級の数字が小さければその分だけ保険料が高くなると言うもの。

ノンフリート等級は、事故を起こした人と無事故の人の保険料の支払における不公平感を無くすために設けられた制度で、現在では多くの保険会社で採用されています。

3等級ダウン事故

ノンフリート等級は、事故を起こせば等級の数字が小さくなり、それだけ保険料が高くなります。

事故を起こした人に対する懲罰的な意味合いもあるというわけですが、これはあくまでも原則論。

例外を見てみる前に、その前にまずは「3等級ダウン事故」について見て行きましょう。

3等級ダウン事故というのはその名の通り、該当する事故を起こしたらノンフリート等級が3等級下がってしまう、そのような自己のことです。

では、どのような事故がそれに該当するのでしょうか。

まずは、車で他人を死亡あるいは怪我をさせてしまった場合です。

この事故では、保険会社の対人賠償保険から保険金が支払われます。

この場合、翌年から等級が一気に3等級も下がってしまいます。また、他人の車やそれ以外のものを事故によって壊してしまった場合も。

この事故では、保険会社の対物賠償保険から保険金が支払われます。そして、電柱やガードレールなどに車で衝突をしてしまった場合も対象となります。

この場合、保険会社の車両保険から保険金が支払われます。

1等級ダウン事故

以上のように、事故を起こして保険金が支払われた場合、原則として3等級ダウンします。

しかし中には、3等級ではなく1等級しかダウンしない、そのようなケースもあるのです。

それはどのようなケースなのでしょうか。

1等級ダウン事故の場合、事故というよりは災難といった方がいいでしょう。

例えば、車が盗まれてしまい、保険会社の車両保険から保険金が支払われたケース。

これは、鍵をかけていなければ自業自得ですが、鍵をかけていたのにもかかわらず盗まれてしまったのならば、まさに災難です。

また、台風や洪水などによって車が水浸しになって動かなくなってしまったケースも。この場合にも、保険会社の車両保険から保険金が支払われます。

天災は自分ではどうしようもありません。

そして、落書きやいたずらなどによって車が傷つけられてしまったケースも該当します。この場合にも、保険会社の車両保険から保険金が支払われます。他人のいたずらも、なかなか防ぎようがありません。

これらのケースでは、車両保険金が支払われたとしても、1等級しかダウンしません。

ちなみに、保険始期日が2013年3月31日以前の場合には、1等級ダウン事故ではなく「等級据え置き事故」となっていましたが、現在では廃止されています。

ノーカウント事故

そして、例外的に設けられているのが、ノーカウント事故です。

ノーカウント事故は、事故を起こして保険金が支払われたとしても、翌年以降の等級には何ら影響を及ぼさない、そんな事故のこと。ではそれはどのような事故なのでしょうか。

例えば、原付バイクに乗っていて事故を起こしてしまった場合です。

自動車保険には、ファミリーバイク特約を設定しているところも多く、ファミリーバイク特約のみを使用した場合であれば、ノンフリート等級には影響がありません。また、自動車事故を起こしたが、弁護士費用特約を使った場合も該当します。

さらに、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険だけしか使わなかった場合も、等級には影響しません。このように、自動車保険の特約だけを使用した場合には、ほとんどのケースで等級には何ら影響のないノーカウント事故となるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る