安全運転講習会受講割引・インターネット割引

自動車保険が自由化されたことにより、サービスの充実した保険商品が数々登場してきました。

もちろん、自動車保険で真っ先に選ぶポイントと言えば、どの程度補償が充実しているかということ。補償が充実していればそれに越したことはないのですが、補償が充実していればいるほど、毎月の保険料が高くなってしまうこともまた事実。

家族限定にする、35歳以上限定にするなどの特約で、対象を制限することにより保険料を安くする方法もありますが、それで対象外となった人は保険の恩恵を受けることが出来ません。

最近の自動車保険では、特約で保険料を安くする以外にもうひとつ、保険料を安くする方法が存在します。

それは、割引制度を利用することです。

安全運転講習会受講割引

まずは、安全運転講習会受講割引です。

自動車免許を更新するとき、免許センターや警察署などで安全運転に関する講習を受けることが義務となっております。

今回の割引は、この講習が対象ではありません。

あまり知られていないことですが、国指定の自動車教習所では「運転免許取得者教育」と言うものが実施されています。

もちろんこれは任意のものですので受けなくても構いませんが、受けなければ保険料の割引を受けられません。

その割引率は保険会社によっても異なるのですが、おおむね5パーセントといったところ。

もちろん、それだけが条件ではありません。

前年が無事故であることや、保険開始1年以内にこれを受講しないといけません。

たかだか5パーセントと緒もわれるでしょうが、年間の保険料が30000円の人ならば、1500円割引となりますので結構大きいものですね。ただし、保険会社によってはこの割引を実施していないところもあります。

インターネット割引

かつて、自動車保険といえば代理店経由で加入するものでした。

ところが最近では、いわゆる「通販型自動車保険」が急速に勢力を拡大しています。

ダイレクト型自動車保険ともいわれているこの保険は、インターネットなどを使って保険会社と直接契約をすることが大きな特徴。

そんな通販型自動車保険で特に際立っているのが、「インターネット割引」です。

これは、インターネット経由で自動車保険会社のホームページから申込を行うことで、割引をされると言うものです。

インターネット割引ですが、最近取り扱う保険会社が急速に増えてきました。

代理店型にせよ通販型にせよ、人件費などの費用は大きくのしかかるもの。

それを削減することができるインターネットを使って契約をしたかたには、それなりの恩恵が与えられるというわけです。

自動車保険のみならず、最近はありとあらゆる保険で採用されていますね。

では、実際のところどれだけ安くなるのでしょうか。

主な自動車保険会社のインターネット割引

  • セゾン自動車やイーデザイン損保は、新規、継続ともに10000円の割引です。
  • ソニー損保は、新規が8000円で継続が2000円となりますが、新規をインターネット経由で行った場合にはその継続は5000円割引となります。
  • チューリッヒでは、新規の場合には保険料によって2500円から12000円、継続の場合には1500円となります。
  • そんぽ24やアメリカンホームでは他の保険会社は異なり、パーセンテージで割引を行っています。
  • そんぽ24は新規の場合は10パーセント割引、継続の場合には7パーセント割引となるのです。
  • アメリカンホームは新規で10パーセント割引、継続で5パーセント割引となります。

しかし、気になる自動車保険に乗り換えると、せっかく積み上げたノンフリート等級が振り出しに戻ってしまわないか、そんな不安を感じている人も少なくありません。

自動車保険を乗り換えても、ノンフリート等級が下がることはありませんので安心してください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る