弁護士費用等担保特約・臨時運転者特約

交通事故を起こした際、あまり重大なケースでなければ自動車保険の担当の方が全て行ってくれます。

こちらの自動車保険の各種手続きから、相手方との交渉まで全て行ってくれるのです。当事者同士が顔を合わせると感情的になることもありますので、第三者に間に入ってもらうことによって事がスムーズに行くことも少なくはありません。

しかし、自動車保険会社の担当者で調整できるのは、あまり重大なケースでない場合。交通事故によって怪我をしてしまった場合や死亡してしまった場合、相手方との示談交渉や裁判所による調停や裁判まで発展してしまいますと、自動車保険会社の担当者ではもはやどうしようもありません。

弁護士費用等担保特約

そんな時便に頼りなるのが、法律の専門家である弁護士。

弁護士であれば、最悪裁判にまでもつれてしまったとしても、代理人として法廷に立ってくれます。心強いことはいうことなしなのですが、いかんせん心配なのが弁護士報酬。

最近の弁護士は、最初の相談は無料としてくれるところも少なくはないのですが、裁判を重ねていくうちに費用もかさんでしまうもの。かといって、自分で法廷で弁護をするというのも難しい状況です。

費用面で心配せず弁護士に依頼できる、そんな特約が自動車保険にはあります。

それが「弁護士費用等担保特約」です。

これは、交通事故で死亡したり後遺症が残ったり、怪我によって入院したり通院したりした場合、示談や裁判にかかる弁護士費用を負担してくれると言う特約です。

この特約は何も、運転しているときに限ったものではありません。

バスやタクシーに乗っているときの事故はもちろんのこと、歩行中に交通事故にあってしまったときでも、特約が使えるケースがあるのです。

ただしこれは、保険会社によって適用範囲が異なりますので、確認は忘れないようにしましょう。

ただ、実際の交通事故のケースでは、一方に100パーセント過失があるといった交通事故は稀です。

加害者である相手に100パーセント過失があるのであれば、こちらの自動車保険には全く影響がないことですが、素人が示談交渉を行うは難しいので、そんなときにこの特約が役に立ちます。

こちらにも一定の責任がある場合には、双方の保険会社同士で示談交渉を行いますので、人身傷害補償保険や車両保険に加入していない人でなければ、この特約はさほど必要ないといった意見もあります。

臨時運転者特約

自分の車を運転するのは、何も自分や家族だけとは限りません。

お酒を飲んだ帰り、友人に運転を頼むと言ったケースもあるでしょう。また、友人に車を貸してあげるといったケースもあります。

そんなときに交通事故を起こしてしまったとしたら、通常の自動車保険では記名被保険者とその家族のみが運転者の場合に対象となるので、保険金は支払われません。

それ以外の人が運転していた際の交通事故であっても補償してもらえるようにする、そんな特約が「臨時運転者特約」です。

そこで気になるのが、他の特約との兼ね合いです。

たとえば、運転者年齢条件特約。

運転者の年齢に下限を設定して、その分保険料を割安にする特約ですが、友人がこの年齢の下限よりも若いという場合でも、臨時運転者特約を付帯していれば保険金が支払われます。

また、年齢ではなく血縁で限定をする、運転者家族限定特約や運転者本人限定特約、運転者本人・配偶者限定特約を付帯していた場合はどうなのでしょうか。

この場合には、同時に臨時運転者特約を付帯することはできません。

臨時運転者特約と、運転者家族限定特約と言うのは、特約の条件から行きますと正反対の特約です。

先ほどの運転者年齢上限特約の場合には、正反対とはいえないので同時に付帯することが出来るのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る