他車運転危険担保特約・等級プロテクト特約

他車運転危険担保特約

自分の車ではないが、その車を運転したことがあるという人は多いことでしょう。

例えば、その車の持ち主と一緒に食事に出かけて、その車の持ち主がお酒を飲んでしまったとします。

その車の持ち主は当然車を運転できないので、代わりに一緒に食事に出かけた人が車の運転をする、といったケースです。

ではもし、このケースで交通事故を起こしてしまった場合、保険金はどの保険から支払われるのでしょうか。

通常であれば、その車にかけられている自動車保険から保険金の支払をすることとなります。

しかし、代わりに運転をした人からすると、自分の不注意で事故を起こしてしまったのだから、その車の持ち主が運転をしていたわけではないのに、その車の自動車保険から支払をさせるのは忍びない、そんな考えの人もいるでしょう。

もちろん、その車にかけられている自動車保険を使えないというわけではありませんが、保険を使ってしまうとノンフリート等級が下がってしまいますので、翌年からの保険料も上がることが予想され、非常に申し訳ない気持ちですよね。

また、その車の自動車保険に「運転者家族限定特約」や「運転者年齢条件特約」が付帯していると、家族でない人、年齢条件に泡ない人が運転していた場合には、保険金が支払われません。

そういった気持ちを持っている人ならば、「他車運転危険担保特約」がおすすめです。

これは、他人の車を借りて運転中にその車で交通事故を起こしてしまい、対人、対物賠償の問題となってしまったときに、その車の自動車保険ではなく自分が加入している自動車保険から保険金の支払をする、そんな特約です。

もちろん、年齢や家族などの制限はありません。

補償範囲ですが、契約している自動車保険と同様の範囲になりますので安心ですね。

この特約、通常の自動車保険で対物保険や対人賠償保険に加入していれば、自動付帯しているケースが少なくありません。

しかし最近では割安な自動車保険も登場してきており、そういった自動車保険ですと自動付帯していない場合もあります。

そういったケースでは、改めて付帯することとなります。

等級プロテクト特約

自動車保険の保険料の価格を決めているもの、そのひとつがノンフリート等級です。

1年間無事故で過ごせば、翌年のノンフリート等級は1等級上がり、保険料は安くなりますが、自己を起こして保険金が支払われますと、翌年のノンフリート等級は3等級さがり、保険料が割高になってしまいます。

つまり、1度事故を起こしてしまうと、もとのノンフリート等級に戻すまでに3年かかるというわけです。

事故を起こしても保険を使わなければノンフリート等級には影響がありませんが、賠償金が高額の場合には保険を使わざるを得ません。

そんなとき、「等級プロテクト特約」をつけておけば、事故を起こして保険金が支払われたとしても、ノンフリート等級が下がることがありません。

しかしこの特約、最近では取り扱っている保険会社は減っています。

それはなぜかというと、自動車保険の仕組みを無視した特約だからです。

事故で保険金が支払われ、その結果ノンフリート等級が下がるというのは、ある意味事故に対する抑止力ともなります。

しかしこの特約がつけば、事故に対する抑止力が無くなるばかりか、保険会社の収支も悪化しかねません。

また、この特約には制限がありまして、この特約を使うことが出来るのは1年に1度限りです。2度目以降は使うことが出来ません。

ノンフリート等級による保険料の違いですが、16等級から13等級に下がったとしても、実際にはたいした違いではありません。

そして、この特約をつけると当然保険料は高くなります。これを天秤にかけて、付帯するかどうかを決めましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る