対物臨時費用担保特約・対歩行者等事故傷害補償保険特約・代車費用担保特約

自動車保険の中でも、任意保険は補償が手厚く利用者にとってはうれしいものとなっています。

さらに特約をセットで付帯しておけば、困ったときのあんなことやこんなことに対しても補償してくれます。

対物臨時費用担保特約

対人事故は、人の生き死にに関わる事故ですので、非常に切迫した事態となります。

一方で対物事故の場合、人がすぐに死ぬというわけではないのでまだ気持ちには余裕があるというもの。しかし、対物事故の場合は、こちらが思ったよりも費用がかさんでしまうことがあります。

例えば、車を運転していて他人の家に突っ込んでしまったとしましょう。この際、壊れてしまった家の修理費用などは、自動車保険の対物保険から支払われることになります。

しかし、お金さえ払えばそれでいいというわけではありません。壊してしまったお詫びの気持ちとして、菓子折りやお花などを持ってお詫びに行くというのが、人としての行動。

とはいえ、菓子折りやお花もただではありませんし、被害者のお宅まで行くのにも交通費がかかってしまいます。

そんなときに使えるのが、「対物臨時費用担保特約」。

上記のような費用に対して、保険会社が負担をしてくれる特約のことをいいます。

しかし、無制限に費用負担をしてくれるわけではなく、1件の事故につき10000円から20000円が限度です。

逆に言えば、それ以上の金額をかけるのはやりすぎ、ということになります。

対歩行者等事故傷害補償保険特約

対人事故の賠償金額は、近年高騰する傾向にあります。

自賠責保険や自動車保険の対人賠償保険で支払われる保険金よりも、被害者の賠償金のほうが金額が高いということがあります。

一般的に、対人賠償保険の保険金は無制限としているケースが多いのですが、中には制限を設定している人も。そういった人は、いざ事故を起こしてしまった場合に賠償金が支払えなくなってしまうのです。

対人自己の賠償金問題は、こじらせてしまうと面倒なことになりますので、可能な限り迅速かつ円満に解決をしたいもの。

そんなときに付帯しておきたい特約が、「対歩行者等事故傷害補償保険特約」です。

この特約をつけておけば、自賠責保険や対人賠償保険では支払いきれない賠償金を、上乗せすることで支払うことが出来ます。

この特約の素晴らしいところは、そもそも対人賠償保険の対象ではない部分についても支払ってくれると言う点です。

つまり、被害者に過失があるため、対人賠償保険の対象外であったとしても特約で支払うことができるのです。

こうすることによって、人身事故の円満かつ迅速な解決につながるというわけです。

代車費用担保特約

自動車を使って通勤をしている人や、自動車を仕事に使っている人にとって、その車が事故によって修理に出されていると言うことは、仕事に大きく影響が出るということでもあります。

もちろん、その間は修理をしている業者が代車を提供してくれることもあるでしょうが、代車をもっていない業者もあるもの。そんな場合には、自腹でレンタカーなどを手配しなければなりませんが、それとて出費となってしまいます。

そんなときには、「代車費用担保特約」が使えます。

この特約は、車両保険に加入していることを条件に付帯することが出来る特約です。

この特約があれば、修理期間中のレンタカー代や代車の費用を保険金として支払ってくれるのです。

しかし、無制限支払われるのではなく、30日分を上限としています。

また、最近の自動車保険の車両保険の中には、この特約が自動的に付帯されていたり、無料ロードサービスの中に含まれている場合もあります。

保険を見直すと言う場合、代車費用担保特約のようなものが含まれているかどうか、改めて確認しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る