人身傷害保険の搭乗中のみ補償特約・全車両一括付保特約

人身傷害保険の搭乗中のみ補償特約

自動車保険の任意保険の中に、「人身傷害補償保険」と言う補償内容があります。

これは、保険の対象となっている人が保険の対象となっている車に乗っていて、自動車事故に遭遇してしまって死亡したり怪我をした際に、過失の有無、その割合に関わらずあらかじめ保険会社から設定されている保険金を上限としてもらうことが出来る、というものです。

たとえば上限金額を5000万円とした場合、損害額が5000万円で自分の過失が50パーセントの場合、相手の保険から2500万円、そして自分の人身傷害補償保険から2500万円が保険金として支払われます。

また、人身傷害補償保険の契約内容によっては、保険の対象となっている人が保険の対象となっている車に乗っていなくても補償される、というものもあります。

たとえば、バスやタクシーなどの他の車両にのっていた場合はもちろんのこと、歩いている最中に交通事故にあってしまった場合でも、補償される場合もあります。また、保険の対象となっている人に限らず、その家族が同じようなケースで事故にあったとしても補償してくれる、そのような契約内容となっている保険も。

これだけ手厚い補償内容ですと、加入していれば安心感も高まると言うものですが、同時に不安に感じることもあります。

それは保険料です。

人身傷害補償保険はただでさえ、割高な保険です。出来るだけ保険にかけるお金は少なくしたいものですよね。

そんなときに重宝する特約が、「人身傷害保険の搭乗中のみ補償特約」です。

これはどのような特約なのかと言うと、保険の対象となる車に搭乗中の事故のみに保険金が支払われると言うもの。

バスやタクシーに乗っているとき、歩いているときの事故に対しては保険金が支払われません。

そこまで手厚くなくてもいい人にとっては、ぴったりな特約です。

ところで、地方に行くと一家に1台どころか1人1台車を持っていると言うケースも珍しくはありません。そんなケースでは、1台だけが「特約なしの人身傷害補償保険」に加入しておけば、他の車が「「人身傷害保険の搭乗中のみ補償特約」に加入していても、全員手厚い補償を受けることが出来るのです。

というのも、「特約なしの人身傷害補償保険」には、その家族の運転中や歩行中の事故も補償してくれるからです。こうすることによって、無駄のない保険料で手厚い補償が実現すると言うわけですね。

全車両一括付保特約

自動車保険の任意保険は、通常は1台ずつ保険証券が発行されて、それぞれは別個の契約となっているもの。

1つの自動車保険の契約で9台までの車を対象とする契約のことを「ノンフリート契約」といいます。

これに対して、10台以上の車を1つの自動車保険の契約でまとめてしまうことを「フリート契約」といいます。

業務用の車を多く持っている法人が、フリート契約を結ぶことが多く、個人は通常ノンフリート契約です。フリート契約にすると、ノンフリート契約と比べて保険料が割安になり、保険証券の管理も一元化できるというメリットがあります。

そして、フリート契約を対象とした特約というのも存在し、それを「全車両一括付保特約」といいます。

フリート契約とメリットに関しては全く同じものがあるのですが、ただでさえ割安なフリート契約の保険料が、全車両一括付保特約を付帯することによってさらに割安になるというものですので、フリート契約をしている人にはぜひ加入してほしいもの。

全て同じ契約内容とすることによって、事務手続きも簡略化されます。この契約の際には、全車両一括付保特約条件書が作成されます。

そこには、適用の対象となる車両や除外となる車両、精算期日に、増車や減車の通知日が書かれています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る