車両価額協定保険特約・車両危険限定担保特約(A)

車両価額協定保険特約

出来ることならば、保険のお世話にはなりたくないものです。

しかし、事故はいつどこから襲い掛かってくるか、誰にも分かりません。自分がいくら気をつけていても、相手が自動車で突っ込んでくる場合もあります。

そんなとき、自分の自動車が壊れてしまったとしたら、活躍するのが「車両保険」です。

通常の任意保険で事故を起こした場合、相手方の車の損傷は補償してくれますが、自分の車の損傷は補償はしてくれません。しかし、車両保険に入っていれば車の損傷を補償してくれます。

とはいえ、車両保険も万能ではありません。

車両保険の欠点として、減価償却されてしまうということがあげられています。

中古車を見ていても分かるものですが、車は新しければ新しいほど、そして走行距離が少なければ少ないほど価格は高いものです。どんなに大事に乗っていたとしても、年月が経過するとともに、その価値はどんどん下がっていってしまうのです。

車両保険で補償される金額にも同様のことが言えまして、時間の経過やその車の人気、そして使用状態によって支払われる保険金の金額も下がっていってしまうのです。愛着のある車の修理に、あまり多くの保険金が支払われないというのは、オーナーからすると非常に残念なことですよね。

そんなときに役立つのが、「車両価額協定保険特約」。

車両価額協定保険特約は、車両保険に自動付帯しているのが通常です。

しかし保険会社によってはそうでない場合もありますので、必ず確認しておくことが重要です。

この特約がついていると、特約を契約したときの市場価格を参考にした支払価格(これを協定保険価額と言います)を上限とした保険金の支払いとなるのです。

たとえば、契約時の協定保険価額が200万円だとして、特約に加入をしてれば最高200万円もらえる可能性があります。

一方で特約に加入していないと、事故当時の市場価格を参考に決められてしまうので、160万円、150万円といった保険金になってしまいます。

ちなみに、車を前損してしまった場合には、原則として保険金を満額もらうことが出来ます。

車両危険限定担保特約(A)

車両保険は、自分の車の被害を補償してくれる便利なものであることは述べました。

そんな便利な車両保険には、車両価額協定保険特約が自動付帯しているのが通常であり、さらに利便性が増しています。しかし、自動車保険に限らずどんな保険でもそうなのですが、補償が充実しているとその分だけ毎月の保険料がかさんでしまうもの。

特約には、「充実補償の代わりに保険料が高くなるもの」と「保険料が安い代わりに補償は限定的」と言う2種類があります。

今回紹介する「車両危険限定担保特約(A)」は、後者のタイプの特約と言えます。ちなみに「A」というのは「Accident」(災難、アクシデント)の略であり、BやCがあるわけではありません。

車両保険では、ありとあらゆる車の被害に対して補償をしてくれるものですが、車両危険限定担保特約(A)ではそこから「自動車を走行させている際の被害」を補償の対象外としています。

具体的には、自損事故や他車との接触、衝突事故、転覆、墜落事故、当て逃げによる被害に関しては補償されません。

ただしこれですと、自分の責任ではないのに被害を補償してくれない事象も出てきてしまいます。

そんなときには「エコノミー車両保険」を車両危険限定担保特約(A)と組み合わせるのです。

エコノミー車両保険は、車同士の衝突事故や接触事故も補償対象とする保険のこと。

この2つを組み合わせることによって、「災害」「盗難やいたずら」「偶然の事故」に加えて、「車同時の事故」も補償してくれますので、ほぼ全てのケースで対応できます。

しかも、通常の車両保険と比べても保険料は割安です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る