家族内記名運転者限定特約・車対車免責ゼロ特約・携行品損害担保特約

家族内記名運転者限定特約

自動車保険の任意保険と言うのは、記名被保険者が存在します。

記名被保険者と言うのは、任意保険に登録してある車両を運転して事故をおこした際、補償が支払われる人のことです。

通常では一人ですが、その車を運転する人が他にもいる場合、他の人が起こした事故に対して補償をしてくれれば、さらに安心、安全です。

通常、同じ車を共有するケースは、家族が考えられますので、任意保険には「運転者家族限定特約」と言うのが設定されているのです。

ここで言う家族と言うのは、「本人」「同居している配偶者」「同居の親族」「別居の未婚の子供」と言うことになります。

この特約をつけておけば、家族の誰が運転をしたとしても、その車で起こした事故に関しては補償してくれるということになります。

しかし、それだけ補償の対象者が広くなると言うことは、毎月の保険料も多くなってしまうと言うもの。

そこで、アメリカンホームダイレクトと言う保険会社では、「家族内記名運転者限定特約」と言う特約を提供しています。

これは、運転者家族限定特約をさらに限定的にした特約、と考えればいいでしょう。

運転者家族限定特約であれば、それが誰であろうと家族であれば補償対象でした。

しかし家族内記名運転者限定特約の場合、たとえば前の配偶者の名前が記載されており、その後再婚して別の配偶者が運転して事故を起こした場合、補償されません。

補償されるためには、家族内記名運転者限定特約の対象となる人の名前を替えなければならないのです。

車対車免責ゼロ特約

交通事故の場合、相手が誰かによって車の損傷具合が大きく変わってきます。

田んぼに突っ込んでしまった場合、車に大したダメージはありません。

歩行者と衝突した場合も、歩行者のほうは大ダメージですが車の方にはさほどのダメージはありません。

最も車のダメージが大きいのは、やはり相手も車だった場合です。正面衝突の場合、相手も走っているのでさらにダメージは大きくなります。

そんな時、自分の車を補償してくれるのが「車両保険」ですが、車両保険には免責事項があるのが玉にキズ。

保険会社によっても異なりますが、「1回目は50000円は自腹」「2回目以降は100000円までは自腹」といった免責事項が設定されています。

そんなケースにぴったりな特約が「車対車免責ゼロ特約」です。

この特約をつけていれば、自動車同時の事故における車両保険の免責をなくすことが出来る、つまり修理代を全額保険から支払ってもらえるというわけです。

ただし、その分保険料は割り増しになりますし、当て逃げなどで相手側からない場合には補償されません。

携行品損害担保特約

車の中に、色々なものを積んでいる人がいますね。

そんな車の中のものが被害を受けてしまった場合、自動車保険で金額を補償してくれる、そんな特約があります。

それが「携行品損害担保特約」です。

たとえば、車を運転中に衝突されてしまい、トランクに入れてあったものが壊れてしまったと言う場合、この特約があればそれを弁償してもらうことが出来るのです。ただし、この特約が難しいところは、非常に適用が微妙なところです。

この特約が対象としているのは「身の回りの動産」ですが、これが何なのかについては保険会社によって異なります。現金や貴金属、有価証券、カーナビなど自動車に固定されているものに関しては、対象になるケースが多いです。

事故だけでなく、自然災害などでも補償されますが、盗難に関しては微妙なところです。

置忘れをしてしまった場合や紛失してしまった場合、あるいは保険金詐欺を働こうとした場合に関しては、補償されないケースがほとんどです。補償金額も、おおむね上限金額を300000円とし、原価消極も考慮された上での金額です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る