運転者本人・配偶者限定特約、オールリスク免責ゼロ特約

自動車保険に任意保険の中には、特約と言うものが存在します。

その特約には大きく分けて2種類の意味があり、特約をつけることによって補償を限定的にして保険料を安くするというものと、特約をつけることによって保険料は上がるが補償の幅は広がると言うものがあります。

運転者本人限定特約

そのうち、運転者限定特約と言うのは、前者の意味合いを持った特約ということがいえます。

これはどのような特約なのかと言うと、自動車保険の対象となる人が、その保険証に名前が記載されている本人、つまり「記名被保険者」だけに限定をするというものであります。

保険の対象となる人が少なければ少なくなるほど、保険会社としては色々な面で楽なわけですので、当然ながら保険料も少なくなりますね。運転者本人限定特約は、それをとことんまで突き詰めた特約と言うわけです。

当たり前のことですが、本人以外の人がその車で運転をして事故を起こしたとしても、その人に保険金は一切支払われません。

一見すると非常にリスキーな保険のようですが、そんなことはありません。

一人暮らしをしており、他に誰もその車を運転する人がいないと言う人や、家族と一緒に暮らしているが、自分以外には自動車免許を持っていないと言うケースであれば、運転者本人限定特約は非常に有効的な特約であると言えます。

もちろん、運転者は本人に限定をされていますが、同乗者が怪我をした場合でも、しっかりと保険をかけて入れば補償されますので、安心してください。なお、保険会社によっては、運転者本人限定特約を取り扱っていないところもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

運転者本人・配偶者限定特約

運転者本人限定特約は確かに魅力的な特約ですが、本人以外に配偶者も同じ車を運転する場合、非常にリスキーな特約となります。

地方に行けば、一人一台車を持っていると言うのはよくあることですが、都会ではなかなかそこまでの余裕はないもの。

一台の車を複数の人で共有すると言うのは、よくあることです。

そんなときには、運転者家族限定特約をつければいいじゃないかと考える人もいますが、そこまで家族が多くない人もいます。夫婦2人しか車に乗る人がいないのに、補償の範囲を「家族」に広げてしまうのは、とてももったいない。

そこで、「運転者本人・配偶者限定特約」の出番です。

これは、任意保険の記名被保険者とその配偶者のみに保険の対象を限定するという特約のことです。

保険料の支払い金額からすると、運転者本人限定特約よりは多いですが、運転者家族限定保険よりは少なくなると言うもの。

運転をする人が夫婦しかいないケースでは、ぴったりと言える特約ですね。

オールリスク免責ゼロ特約

保険料が少ない代わりに補償を限定する特約、前述した2つの特約はそういった特約です。

一方で、これから説明する「オールリスク免責ゼロ特約」は、補償を手厚くする代わりに保険料が高くなる、そんな特約です。任意保険の中には、車両保険というのがあり、事故を起こした際の自分の車に対して補償してくれます。

ところがこの車両保険、免責金額というのが設定されているのです。

自分の車の修理代を100パーセント出してくれるわけではなく、1回目の事故で50000円は自己負担、2回目の事故では100000円は自己負担という具合です。オールリスク免責ゼロ特約をつけていれば、自己負担金額をゼロにすることが出来ます。

その代わり、毎月の保険料が高くなるのはいうまでもありませんが。

保険会社によって「2回目以降の事故でも自己負担ゼロ」「自己負担ゼロは1回目に限る」などの条件があります。

高級な車、ヴィンテージカーに乗っている人にとっては、非常に価値の高い特約と言えますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る