車両保険はカバー範囲が広い ただし地震は対象外が多い

任意保険の車両保険は、自分の車の損害を補償してくれると言う、任意保険の中でも貴重な存在ともいえる補償内容です。

しかし、一口に車両保険といっても、保険会社によってはもちろん、保険会社共通の種類があるというのをご存知でしょうか。

オールマイティータイプ

まずは、オールマイティータイプと呼ばれるものです。

保険会社によっては、「一般タイプ」などと呼んでもおりますが、その内容はほとんど変わりがありません。

オールマイティータイプ最大の特徴といえば、様々な補償内容に対応をしていると言うことでしょう。

まず、自分の車をガードレールなどにぶつけてしまった場合、これはもちろん補償の対象となります。他の車とぶつかってしまった場合も、自分の車の修理費用を補償してもらえます。

ちなみに、相手の車の修理費用は、別の補償内容から出されますので安心してください。

車をぶつけられ、その相手がわからない、いわゆる「当て逃げ」の場合もしっかりと補償をしてくれます。走行中に石が飛んでくる「飛び石」でフロントガラスが破損した場合でも、補償対象です。

車を盗まれたり車に傷をつけられたりといったものでも、しっかりと補償してくれます。

さらには、台風や洪水といった自然災害、火事や爆発に車が巻き込まれた場合でも、オールマイティータイプの車両保険の対象となるのです。

エコノミータイプ

もうひとつは、エコノミータイプです。

エコノミータイプは文字通り、おサイフにやさしい車両保険のタイプ。オールマイティータイプと比べると割安な保険料が魅力的ですね。

もちろん、割安な保険料だけありまして、オールマイティータイプと比べると補償内容は若干薄くなります。オールマイティータイプでは補償対象となっている「自損事故」や「当て逃げ」が、エコノミータイプでは補償対象外となっているのです。

腕に覚えのある人ならば自損事故は避けることも出来ましょうが、当て逃げはさすがに相手があってのことですのでどうにもなりません。エコノミータイプであっても、それ以外のケースに関してはしっかりと補償対象となってきますので、当て逃げと自損事故をどう考えるかによってきますね。

車両保険を使うと損をする場合も

いざと言うときに愛車を守ってくれる保険である車両保険ですが、いざ使おうとすると二の足を踏んでしまうケースも。

車両保険の中には、使ってしまうと等級が下がってしまう補償内容があるのです。

それは何かというと、「自損事故」と「当て逃げ」です。

エコノミータイプでは関係がありませんが、オールマイティータイプでもしこれらの事象で保険を使ってしまうと、等級が下がって保険料が上がってしまいます。実際にいくらの保険金が出たのかは関係なく、使うだけで等級が下がってしまうのです。

ですので、10年落ちの中古車などを当て逃げされた、あるいは自損したという場合には、あえて保険を使わないという手もあります。

それ以外の事象に関しては、保険を使っても等級が落ちることはありませんので、安心して使うことが出来ますね。

地震は対象外

そんな車両保険ですが、対象外となる事項があります。

それは地震です。

任意保険の車両保険では、残念ながら地震による車の被害は補償をしてくれません。

「でも火災保険の中の地震保険に入っているから大丈夫」と考えている人もいることでしょう。

しかし実は、地震保険も車の被害を補償してくれません。

車は地震保険がカバーする「家財」には含まれないからです。

ではどうすればいいのかというと、自動車保険の特約を利用するのです。

大手の損害保険会社に多いのですが、補償の対象を地震や噴火、津波にまで広げられるものがあります。それでいて保険料は2000円程度のアップです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る