車両保険への加入は何年落ちの車かで判断

自賠責保険や任意保険の場合、基本的には他の人の損害を補償するものです。

他の人の損害に対しては非常に手厚い補償内容となっていますが、ことドライバー自身の損害に関しては、基本的にはあまり手厚い補償内容とはいえません。それは、事故を起こした場合は、基本的に自己責任という考えがあるからです。

とはいえ、ドライバー自身が損害を受けるのは、何も事故だけではありません。

運転していたら、対向車の飛び石でフロントガラスにひびが入ってしまったり、あるいは駐車していたら誰かに車をいたずらされてしまったりなど、自分の力ではどうしようもない損害だってあるのです。

そんな時、自分の車の損害に対して補償をしてくれるのが、任意保険の中の車両保険です。ちなみに、ドライバー自身の怪我の場合には、また別の補償内容となるので注意してください。

自分の車にかける保険、それが車両保険

任意保険の中の車両保険は、交通事故はもちろんのこと、駐車中のいたずらに飛び石、さらには自然災害による損害などに対して、手広く補償してくれるのです。

そんな車両保険ですが、任意保険においては必須加入項目ではありません。

自分の意思で加入するか、加入しないか、保険料をいくらにするかを選択することが出来ます。

ですので、車両保険に入るべき人とそうでない人がいます。

「自分はどっちなんだろう」と考えている方も多いかもしれませんが、ひとつの目安として、何年落ちの車なのかと言うものがあります

新車でピカピカの車であれば車両保険には加入しておくべきでしょうし、10年落ちくらいの中古車であれば車両保険には加入しなくても良いでしょう

それはなぜかというと、「減価償却」があるからです。

どんなものでも、使っていくうちに古くなってしまいます。古くなるに従って価値はなくなっていきますので、古くなるに従って金額は落ちていくと言うわけです。これを「減価償却」といいます。

新車で150万円で購入した車であっても、10年も乗れば300000円くらいの価値にまで下がってしまいます。

受け取れる保険金の金額も減価償却をされていきますので、10年乗れば保険をかけていたとしてもあまりもらうことが出来ません。

さほどもらえない保険金のために毎月保険料を支払うのであれば、自分の車の修理は自腹で行ったほうが賢明というものです。

免責金額について

車両保険の場合、かかった自分の車の修理代を全額まかなってくれるわけではありません。

車両保険では「免責金額」と言うものを設定しなければなりません。

免責金額とは何かというと、ドライバーが自腹を切る金額のことです。

もちろん、1銭も身銭を切るのはいやだというのであれば、それを可能に出来る自動車保険もないわけではありません。

また、免ゼロ特約というものであります。

これは何かというと、1回目の事故で相手が確認できた場合、免責金額をゼロにするというもの。これでも免責金額があるのですが、自腹分は保険会社が負担してくれるのでゼロと言うわけです。

免ゼロ特約であれば、1回目の免責金額がゼロである車両保険と比べて、毎月の保険料が少なくて済むと言うメリットがあります。中には、1回目だけではなく2回目も免責金額ゼロと言う車両保険もありますが、当然ながら毎月の保険料はもっとも高くなるパターンです。

車両保険の入り方

以上のことを踏まえて、初心者ドライバーが新車を乗った場合には、車を壊す可能性が高いので、ある程度高い車両保険に入っておいたほうがいいでしょう。

慣れたドライバーが古い中古車に乗る場合には、車を壊す可能性も低く保険金もあまり出ませんので、車両保険に加入しない、あるいは掛け金を低く設定すると言う考え方もあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る