自損事故保険と無保険車傷害保険について

自動車事故を起こしたとき、一般的にイメージをするのが相手がいる場合です。

事故の相手がいれば、相手の任意の自動車保険を使って怪我の治療費用を出してもらったり、壊れた車の修理費用を出してもらったりすることが出来ます。

しかし、自動車事故には必ずしも相手がいるわけではありません。

俗に「自爆」と呼ばれる単独事故の場合、当然ながら単独での事故ですので相手がいません。

運転を誤ってガードレールや電柱に激突してしまったと言う事故、聞いたことありませんか。

そんな時、相手がいないので相手の対人賠償保険を使うことは当然ながら出来ません。

しかし、単独事故とはいえ大怪我をしてしまう可能性も大いにあります。そんなときに大いに役立つ補償が、自動車保険の中の自損事故保険です。

自損事故保険とそのメリット

自損事故保険は、単独事故を起こしてしまったドライバーはもちろんのこと、搭乗者の怪我も補償することが出来るのです。

ドライバーに関しては保険証券の契約者本人や記名している被保険者ですが、搭乗者は家族でも他人でも補償されます。

自損事故保険は、100パーセント自分が悪いような単独事故でも補償してくれるので、非常にありがたい保険です。

しかし、ありがたみが大きいだけありまして、そのデメリットもあります。

自損事故保険のデメリット

自損事故保険は、補償される保険金の金額がさほど多くありません。

もらえないよりはましなのですが、一例として死亡時に1000万円、後遺障害が残ったときにはその程度によって500000円から2000万円といった具合に、自賠責保険の保険金よりも少ないのです。

最近登場している人身傷害補償と言う保険では、単独事故もカバーしてくれますので、かつてほど自損事故保険の優位性は高くありません。

また、自損事故保険を使ってしまうと3等級ダウンとなってしまいます。

等級がダウンすれば、支払うべき毎月の保険料もアップしてしまいますので、保険料の値上がりと実際に支払われる保険金を天秤にかけて請求をするべきでしょう。

無保険車傷害保険

単独事故以外に、相手がいない自動車事故というのは存在します。

それは、事故を起こした相手が逃げてしまった場合です。こんな場合、相手の自動車保険を使うことは当然ながら出来ません。

こういったときに役に立つ自動車保険が、「無保険車傷害保険」です。

無保険車傷害保険が使えるパターン

  • 相手が逃げてしまって保険金を請求できない場合
  • 相手は特定されているものの、相手の自賠責保険が切れていて加入していない場合
  • 相手が任意保険に加入していない場合
  • 任意保険に加入をしているものの、こちらの損害額よりも保険金が下回っている場合
  • 任意保険に加入しており保険金の金額も申し分はないが、相手の保険料の延滞などで保険が使えない場合

無保険車傷害保険の特徴と注意点

無保険車傷害保険の特徴、まずは保険金の金額が高いことです。

加入している自動車保険の中の対人賠償が「無制限」に設定されていれば、死亡時の保険金は2億円となります。対人賠償が無制限でない場合、無保険車傷害保険の金額は対人賠償の上限金額と同額の金額となります。

次に、適用範囲が広いと言うことです。

保険証券に記載されている該当車両に乗っているときであれば、誰でも補償されます。車を降りて歩いているときでも、契約者とその配偶者、同居親族、別居している未婚の子供であれば補償されます。

例えば、歩いているときに子供がひき逃げされたと言うケースでも、この保険を使うことが出来ると言うのです。

ただ、あくまでも人に対する保険であり、当て逃げされた車両などは対象外となりますので注意しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る