人身傷害補償は手広く手早いが高い 保険料を安くする方法は?

任意の自動車保険で特に充実しているのが、怪我をした人や亡くなった人に対する補償です。

その中でも搭乗者傷害保険は自賠責保険とは異なり、相手だけではなく同乗者やドライバー本人の怪我や死亡に対してもしっかりと補償をしてくれます。

人身傷害補償は「手広い」

任意の自動車保険の中には、搭乗者傷害保険以外にも手広く補償をしてくれる補償内容が存在します。

それが「人身傷害補償」です。

人身傷害補償と言うのは、2000年ごろからそれぞれの損害保険会社が登場させたと言う、比較的新参者の補償内容です。折りしも、その頃は死亡事故や傷害事故による賠償金が高騰し始めた時期でもありました。

賠償金の支払にも十分に対応するため、搭乗者傷害保険だけでは若干心もとないと言うことで、新たに誕生させたのです。人身傷害補償も搭乗者傷害保険と同じように、相手だけではなく同乗者やドライバー本人に対しても手広く補償をしてくれる店では共通しています。

人身傷害補償は「手早い」

しかし、人身傷害補償ならではのメリットもあります。

「手広い」だけではなく、「手早い」ことがまずメリットです。

事故を起こして、あるいは事故にあってから実際に保険金を受け取るまでには、かなりの時間がかかります。

損害保険会社は事故に関する調査をしっかりと行い、その調査内容に基づいて支払う保険金の金額を算出するのですからです。しっかり調査はすべきでしょうが、特に事故の被害者にとってはいち早く保険金を受け取りたいものです。

そんなときでも、人身傷害補償であれば示談交渉を待つことなく、損害金額が決定すればすぐにお金を受け取れると言うメリットがあるのです。

人身傷害補償は「手厚い」

「手広い」「手早い」と言うのも人身傷害補償のメリットですが、新たに人身傷害補償が誕生したのは、高額化する賠償金に対応するためと言う側面もあります。

当然ながら、人身傷害補償は「手厚い」ことが求められます。人身傷害補償と搭乗者傷害保険を比べた際、怪我の段階では両者にさほどの違いはありません。

両者に一長一短がありますので、「両方とも加入しておけばいいか」といったところでしょう。

しかし、不幸にも加入者が事故で亡くなってしまった場合、その差は歴然としてくるのです。

例:

加入者が死亡した際、搭乗者傷害保険で保険金が1000万円と言う設定であれば、加入者の両親、子供にはそれぞれ1000万円が入ります。

一方人身傷害補償で保険金が1億円と言う設定であれば、加入者の父親には1億円、母親には6500万円、子供には6500万円が入るのです。

上記はあくまでも一例ですが、万全補償体制となっているのです。

人身傷害補償の保険料を安くするには

「手広い」「手早い」「手厚い」と三拍子揃った人身傷害補償ですが、それだけ充実していますと当然ながら毎月の保険料も割高となってきます。

人身傷害補償は加入義務がないので、入りたくなければ入らなくてもいいのですが、やはり入りたいところ。

それならば、少しでも毎月の保険料を節約しましょう。

対策1:支払われる保険金の設定を下げる

上記の例では保険金が1億円となっていましたが、それでは多すぎると感じる方もいることでしょう。特にご両親合わせて1億6500万円と言う保険金は、かなり持て余してしまうはず。

それならば、保険金の設定を5000万円くらいにすれば、それなりの補償で保険料を安く出来ます。

対策2:限定特約を利用する

ノーマルな人身傷害補償では、契約車両以外の車両に乗っていても、または車を運転中でなくても補償されます。

これを「契約車両に乗っているときに限る」と言う限定をつければ、保険料を安くすることが出来るのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る