自動車任意保険の種類と重要性ランキング

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2つがあることは知っている人も多いことでしょう。

自賠責保険は車に乗っているからには必ず加入しなければなりません。一方で任意保険はその名のとおり、加入するかしないかは任意です。

任意保険の種類について

最近の賠償金は高額になってきているので、自賠責保険だけではその全額をまかないきれません。

そこで、今は任意保険にも加入するのが当然のような傾向になっているのです。

そんな任意保険ですが、分かりやすく3つのグループに分けることが出来ます。

1.賠償責任保険

賠償責任保険というのは、事故の相手に対する保険のことであり、事故の相手の怪我やものに対して支払われるものです。

2. 傷害保険

傷害保険は、自分や同乗者に対して支払われる保険です。賠償責任保険は人とものに対して支払われるのに対して、傷害保険は人にしか支払われません。

3.車両保険

車両保険は「もの」に対する保険です。自分の車が壊れたときなどは、車両保険を使うこととなります。

任意保険の7つの種類

任意保険の3つのグループを細分化すると、7種類の保険があります。

1.賠償責任保険

  • 対人賠償保険:相手の怪我に対して使える保険
  • 対物賠償保険:相手のものに対して支払われる保険

2.傷害保険

  • 搭乗者傷害保険:ドライバーを含めた同乗者の怪我に対して支払われる保険
  • 人身傷害補償保険:搭乗者傷害保険をもっと手厚くしたような保険
  • 無保険車傷害保険:任意保険に加入していない相手、相手が逃げた場合などに使える保険
  • 自損事故保険:単独事故を起こしたときに使える保険

3.車両保険

  • こちらは車両保険しかありません。

任意保険の重要性ランク

7種類の中でも最も重要性が高い項目と言えば、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」です。

賠償金の高騰化の中でも、特に被害者が亡くなったときや重い後遺症が残ってしまった場合、車が突っ込んで業務に支障が出たときなどは、億単位の支払を命じる判決もあるほどです。

対人賠償保険に関しては、自賠責保険でも最高4000万円までカバーはしてくれますが、実際の判例を見てみますととてもそれでは足りません。対物賠償保険にいたっては、自賠責保険にそれに相当する項目がありませんので、是非ともつけておきたいところです。

安全のために検討しておくべき他の保険

より万全を期す場合は、さらに保険をかけておいた方が確実です。

出来れば次につけておきたいのが、無保険車傷害保険です。

自分が被害者となったとき、相手がひき逃げをしてしまったり任意保険に加入をしていなかったなどのケースでは、賠償金の支払が滞ってしまいます。相手に加入しろというのは出来ませんので、自衛策をあらかじめ講じる必要があります。

それと並んで、人身傷害補償保険といったところでしょう。

自分が車を運転して事故を起こしてしまい、同乗者に怪我を負わせてしまったとしても、自賠責保険である程度はまかなわれます。しかし、やはり自賠責保険では限界がありますので、任意保険の人身傷害補償保険を加えておくことがいいのです。ただ、人身傷害補償保険は最近出来た種類の保険ですので、まだ問題点が改善されたとはいえません。

任意保険は、そのほかにもたくさんの特約があったりしますので、結構複雑です。じっくりプロの意見も聞きながら検討するのがいいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る