自動車の自賠責保険は義務だが補償が少ない 任意保険に入り補おう

自動車に乗るということは、便利な移動手段を確保したと言うことであると同時に、人を傷つけかねない凶器を手にしたということでもあります。

故意に自動車を使って人を傷つけるのは言語道断ですが、ほとんどの人はそんな気などさらさらないのに、自動車を使って人を傷つけてしまったと言う人でしょう。

理由はどうあれ、傷つけてしまった人やものに対してそれなりのお金を支払わなければなりません。

自賠責保険は義務

そんな時、まず最初のセーフティーネットとなっているのが自賠責保険です。

自動車を所有して運転するからには、必ず自賠責保険に加入していないといけません。

ユーザー車検などで車検を受けたことのある方ならば分かるとは思いますが、車両の検査をする前には自賠責保険の更新をしなければなりません。

自賠責保険の更新をしないと、そのあとの車両の検査に進むことができないのです。

これが、自賠責保険が義務と言われているいわれです。

自賠責保険は補償金額が少ない

もちろん、保険と名前がついていますので、自動車で人を傷つけてしまった場合にはそこからお金が補償されることは言うまでもありません。

しかし、自賠責保険には欠点があります。

まずはその補償金額の少なさです。

事故にあった方に対して、怪我をした場合には最高120万円、後遺症が残ってしまった場合には最高4000万円、そして不幸にも亡くなってしまった方に対しては最高で3000万円の補償金額が設定されています。

普通であれば「十分な金額じゃないか」と考えてしまうことでしょうが、実際の賠償例を見るとそんなことはありません。

交通事故に伴って行われる裁判などを見てみますと、遺族に対して億単位の支払を命じる判決も決して珍しくもなく、数千万円単位の賠償などはそれこそ当たり前です。

最高で4000万円と言う自賠責保険では、賠償金を支払うには不足と言うケースもあるのです。

自賠責保険は運転手は対象外

もうひとつの欠点、それは補償の対象となる人です。

自賠責保険のコンセプトは、「事故の被害者の救済」です。

つまり、自賠責保険で補償されるべきは事故の被害者と言うことです。

この場合、事故を起こした車に同乗していた人も、一応被害者と言う扱いにはなりますが、事故を起こした車を運転していた人に対しては、被害者扱いはされません。

最近の自動車はエアバッグなどの安全対策がしっかりとなされているとはいえ、それで運転手が完全に保護されているというわけではありません。

運転手も怪我あるいは後遺症、最悪の場合には死亡と言うことだってありえるわけです。

しかし、自賠責保険では運転手に対してはいかなる補償もありません。

そんなときに任意保険が必要

そんなとき、必要となってくるのが任意保険です。

任意保険はその名のとおり任意ですので、絶対に入らなければならないというわけではありません。入っていないからといって法律違反でもありませんし、車検を受けられないというわけでもありません。

しかし、やはり任意保険には加入をしておくのが望ましいでしょう。

任意保険であれば、事故の被害者に対する高額の賠償にも対応できます。任意保険では、対人補償を無制限としているとことも多く、これならば高額賠償にも対応できるのです。

また、自賠責保険では補償の対象とならないようなものに対しても補償が利きます。

まずは、事故を起こした運転手です。

自賠責保険では補償の対象とはならない運転手も、任意保険であれば対象とすることができます。

次に、「もの」です。

事故を起こした車両や事故相手の車両はもちろんのこと、そのほかのものも対象となります。突っ込んでしまった家の修理費用や、破損させてしまったガードレールや信号の修理費用なども補償されます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る