事故車(修復歴車)の定義と買取価格を上げるための方法

愛車を買取してもらうとき、何の問題もない車の方が、いわくつきの車よりも高額買取してもらえるのは、いうまでもありません。

中古車における「いわくつき」と言うのは、実にさまざまなものがあります。

多走行車に低年式車、水没車にひょう害車といったものが代表的ですが、中でももっとも問題なのが、事故車です。

どんな車を「事故車」と捉えるのかについては、人によって千差万別です。

運転席のドアに深いキズがついてしまったらその時点で事故車だと言う人もいますし、エンジンルームのボンネットが多少ゆがんでいたって走れば事故車じゃないと言う人だっています。

修復歴車の定義

人によって事故車の定義が異なるのは当然のことですが、事故車かそうでないかによって、車の買取価格は大きく違ってきますので、あいまいな定義のまま買取をされてしまってはたまったものではありません。

かつては、中古車を販売したりする団体、査定する団体などで事故車の基準が異なっていましたが、それではいけないということで、ある程度統一基準がとられてきています。

この基準では、事故車とは言わず「修復歴車」という言葉が使われます。

統一基準では、車の骨格部分に相当する箇所を交換したり修理したりすることで、修復歴車となるのです。

では、車のどの部分が骨格部分に相当するのでしょうか。

統一基準による骨格部分:合計9ヶ所

  • フレーム (サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア
  • ラジエータコアサポート

このうちラジエータコアサポートのみ、「交換をされていて、隣の骨格部位にへこみや曲がりや修理の跡があるもの」について修復歴とみなされます。

それ以外の箇所に関しては、損傷あるいは修理されているものが修復歴となりますが、ねじ止めされている部分に関しては骨格とはみなされません。

修復歴車は買取価格が安い

事故などを起こした車は、ただでさえ買取の際にイメージがよくありません。

ドアに擦り傷があったりバンパーがへこんでいるだけでも、中古車を購入する人は気にしますので。見た目だけではなく、安全性に疑問符がつきかねない骨格部分が損傷をしている「修復歴車」は、バンパーがへこんでいる車よりさらに価値が下がってしまいます。

修復歴車の場合、相当安く買取られて安く再販しないと売れないというのが実態です。

査定に納得がいかない際に買取価格を上げる方法

修復歴車の買取査定は、丼勘定で査定をしているわけではありません。

「事故減価」としてしっかりと価格を決めているのです。

ですので、修復歴車だからといって、あまりに足元を見るような買取業者に対しては、しっかりとその根拠を示すように求めるべきです。

それでもなかなか解決をしないときには、第三者に介在をしてもらうのがベストな解決方法です。そういったときに便利な第三者といえば、事故減価を決めている「一般財団法人 日本自動車査定協会」です。

日本自動車査定協会で、「事故減価額証明書」や「車両状態証明書」を発行してもらえれば、買取業者に対する材料となります。

「車両状態証明書」というのは、自動車の写真や基本的な情報、車の評価などが書かれている紙です。

修復歴の有無が分かるのはもちろんのこと、キズや凹みなどを記号や数字で表記していますので、実物と照合して確認できます。もちろん走行距離も記載されています。

これらの情報を提示することで客観的な査定が可能となりますので、買取価格が向上する可能性があります。

車両状態確認書の発行は、全国各地の指定ディーラーで行っていることが多いです。

中にはディーラーでないところもありますが、どこのメーカーの車でも査定をしっかりしてくれますので、不安に感じたら車両状態確認書を発行してもらいましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る