オールペイント車は買取しにくく売りにくい

車に乗っていると、自分が気がつかないうちに傷がついていることがあります。

それがちょっとして引っかきキズや洗車の際にできたキズであれば、ワックスを塗ったりコンパウンドすることによってキズを隠すことはできます。しかし、これが塗装面にまで及ぶような深いキズですとそうはいきません。

塗装面に及ぶような深いキズですと、見た目の印象が悪くなってしまうのはもちろんのこと、はげた塗装面からさびが広がる可能性が非常に高くなってしまいます。それを防ぐためには、再び上から塗装をすることが効果的です。

オールペイント

バンパーのこすりキズくらいであれば、カー用品店に行って補修キットを購入すれば出来ないことはありません。

しかし、バンパーのこすりキズでなくボディの幅広くに傷が及んでいるようですと、もはや補修キットでは対応できません。

仮に補修キットで根気強くやったところで、所詮は素人の補修ですので、絶対にどこかあらが出てきます。

そういった場合には、ボディ全体を再塗装する必要が出てきます。全体を再塗装することを「オールペイント」といいます。

オールペイントのメリットとデメリット

オールペイントは、ボディ全体が均一な色になるというメリットがあります。

自分で補修をしても、補修前と補修後でどうしても色の違いが出てしまいます。オールペイントをすれば、少なくとも色むらと言う点では心配をする必要はありません。

一方でデメリットも存在します。

それは、塗装面の強度が純正のものと比べて落ちるということです。オールペイントをした車を洗車機にかけてしまうと、塗装がはがれてしまうと言うこともいわれています。

洗車機にかけなくても、塗装の寿命はオールペイントの方が短いものです。

オールペイント車は買取しにくく売りにくい

では、このようなオールペイント車を買い取りに出すと、どのような結果となるのでしょうか。

一般的には、オールペイント車の買取はノーマル車と比べて下がる傾向にあります。それはなぜかと言うと、事故車の可能性があるからです。

業者が事故車を安く買い取って、それを修理したあとはげた塗装面をオールペイントして、高い価格で買取に出そうとしているのではないか、と買取業者は思うわけです。

また、事故車ではなくてもあまり人気のない色を、オールペイントで人気のある色に再塗装して買取価格を上げようとしているのではないか、とも買取業者は考えます。買取る際にもリスクが伴うオールペイント車ですが、買取った車を売る際にもオールペイント車はリスクが伴います。

前述したように、オールペイント車は洗車機にかけることは避けるべき車です。

よほどの車好きであれば話は別ですが、洗車機にもかけられない車をわざわざ買おうという人はいません。売りにくい車と言うのは、こういったことが理由として挙げられます。

オールペイント車でも高い買取を目指すには

オールペイント車というと人気のないイメージがありますが、中には買取価格のダウンを防ぐことのできる方法があります。

まず、同じオールペイントであってもその車にぴったりで高品質な塗装を施すことです。こうすることによって、オールペイントでも価格のダウンを防ぐことができます。

また、自動車メーカーの工場でオールペイントをすれば、逆に買取価格がアップすることがあります。とくに、特別仕様車の中には特別色を用意している車があり、メーカーの工場でその色にオールペイントしてもらえれば非常に希少価値が高いということで、買取価格がアップする可能性が高いです。

基本的には、人気のカラーや質のいい塗装をすれば、オールペイントでも価格の下落は防げます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る