車検基本料金について

車検費用は、「法定費用」と「車検基本料金」の2階建てとなっております。

そのうち1階部分に相当するのが「法定費用」であり、車検を受けるエリアや車種によって違いはありますが、基本的にどんなところで車検を受けたとしても料金が変わることはありません。それにもかかわらず、業者によって車検費用が異なるのは、2階部分の「車検基本料金」が異なるからなのです。

車検基本料金とは何か

車検基本料金というのは何かというと、簡単に言えば車検をする業者の手数料のようなものです。

全く車に異常がないとしても、車検基本料金は最低限支払わなければなりません。物理的に車検基本料金をゼロにすることもできるのですが、それでは異常がない車を車検したときに業者が赤字になってしまいますので、車検基本料金はどんな業者でも必ず設定されています。

ちなみに、実際に車検をして見てどこか不具合があるようでしたら、車検基本料金以外に追加料金がかかるのは当然のことです。それが単に整備で済めばいいのですが、部品の交換ということになればそこにさらに部品代が加わることとなります。

車検基本料金が複数存在する業者も

車検基本料金は、必ずしも1種類しかないというわけではなく、業者の中には数種類の車検基本料金を設定しているところがあります。

ではなぜ車検基本料金が数種類あるのかというと、それは整備の具合が大きく影響してきます。最も安いパターンの車検基本料金ですと、車検を通すための最低限の点検をするというもので、場合によっては点検はするが整備をしないという業者もあります。

車検基本料金が高ければ高いほど、点検する項目は多くなり、整備してくれる箇所も増えていくというものです。

車検基本料金を安くするためには

そんな車検基本料金ですが、何とかして安くする方法はないのでしょうか。

車検基本料金を安くするためには、豊富な割引メニューを用意している業者を利用することがきわめて効果的です。車検を行う業者の中には、顧客満足度を高めるため、色々な割引メニューを用意しているところがあります。

そんな割引メニューの中でももっとも一般的なものといえば、早期予約です。車検満了日から早い段階で予約をすれば、その期間が長ければ長いほど料金を割り引いてくれるというもので、最大で3000円くらい割り引いてくれる業者もあります。1ヶ月くらいまでくらいでしたら、早期予約割引を実施しているところもあります。

他に多くの業者で行っている割引メニューと言えば平日割引です。

サラリーマンの方などは、平日仕事にマイカーを使っているという人も結構いらっしゃるため、いざ車検を受けようとしても土日祝日にしか車検を受けられません。

そうなると、どうしても土日祝日の車検に予約が集中してしまい、その一方で平日の車検には比較的余裕があるという不均衡が生まれてしまうのです。

そんな不均衡を解消して、予約の平準化を促す目的で設定されているのが、平日割引です。

平日に車検を予約すると、車検基本料金からさらに割引をしてくれるというもので、1000円程度割り引いてくれるところが多いです。

他には、代車不要割引というのもあります。代車というのは、車検の間生活に支障が出ないように代わりの車を業者が用意してくれるというものです。

しかし、業者が保有している代車には限りがありますので、業者としてはそれを必要性の高い人の元に提供したいもの。

そこで、あまり代車の必要がない人は代車を断ることで、1000円程度の割引を受けることができるというものです

また、車検を終えた車は通常、外装も内装もきれいに清掃をするのですが、それもいらないと断れば割り引いてくれる業者もありますし、事前に持ち込んで無料点検をすれば1000円割り引いてくれる業者もあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る