正規輸入車と並行輸入車とは?買取はどのように行うのか?

日本で日本車を買うのと、同じようなグレードの外国車を買うのでは、外国車を買ったほうが価格が高くなるのはいうまでもありません。

外国車の中でも、韓国車などは日本のすぐお隣から輸入されてきますので、輸送コストも大してかかりません。

一方でアメリカやドイツ、イタリアから車を輸入するとなりますと、その輸送コストも馬鹿になりません。それでも利益を出すためには、輸送コスト分を車両価格に転嫁するほかありませんので、外国車は高いのです。

正規輸入車と並行輸入車

同じ輸入車であっても、大きく分けると2種類の輸入車があることをご存知でしょうか。

1つは正規輸入車で、もうひとつは並行輸入車です。

正規輸入車と言うのは、外国の自動車メーカーが、輸入先の道路法規などに合わせて車両をカスタマイズしてくれている車のこと。

一方で並行輸入車と言うのは、外国の自動車メーカーが自国使用のまま輸出をする車のことです。一般的な傾向として、正規輸入車を取り扱っている自動車メーカーは、日本にディーラーを持っています。

日本にディーラーのない外国の自動車メーカーの車がほしいと言うことになれば、並行輸入車と言うことになります。

日本仕様の車と現地仕様の車

外国車と日本車の違いで真っ先に思い浮かぶのが、右ハンドルか左ハンドルかということではないでしょうか。

しかし、日本の法律では、ハンドルは右についていようが左についていようがどちらでも構いません。ただ、運転しやすい側のハンドルを選択すればいいのです。

ハンドルの位置以外でも、日本仕様の車と現地仕様の車では異なる点がいくつかあります。

その中でも最も多いのが、ウィンカーについてです。

日本の法律では、側面でもはっきり見えるようにウィンカーを取り付けておかなければなりませんが、外国の中にはこの法律がないところもあります。そういった国の自動車メーカーの自動車を輸入する場合、正規輸入車であれば日本の法律に合わせて側面にもウィンカーがついていますが、並行輸入車であればそのままウィンカーが取り付けられていない状態です。

また、マフラーの角度なども国によって決まりが異なる場合が多く、正規輸入車では日本の法律に適合するように修正が加えられていますが、並行輸入車ではそのままのマフラー角度です。

並行輸入車が日本で走るために

並行輸入車、日本の法律に適合していない部分も多く、そのままでは日本の車検違反となってしまい、公道を走ることはできません。

並行輸入者を日本の行動でも走らせるためには、日本の法律に適合するように改造を加える必要があります。前述の例で行けば、配線を引っ張って側面にもウィンカーを取り付けたり、マフラーの角度などを日本仕様に改造するといった具合です。こうすれば、並行輸入車でも大丈夫です。

並行輸入車の買取

並行輸入車を持っていて、それを買い取りに出したいと言う場合、日本の法律に適合しているかどうかをしっかりと確認する必要があります。

買取業者も、基本的には日本国内で再販するために買取をするわけですので、日本で走れない車検違反の並行輸入車を買い取ってはくれません。しかし、並行輸入車のどの部分が日本の車検に適合するかしないかを判断するのは、素人ではなかなか難しいもの。

買取を依頼する前に、専門の業者で見てもらうといいでしょう。

また、正規輸入車と並行輸入車を見分けておくことも重要です。並行輸入者の場合、車検証に記載されている車台番号の最初と最後が、陸揚げされた港の頭文字となっており、アルファベットではなく漢字表記されています。

神戸港であれば「神12345678神」といった具合ですので、あらかじめ並行輸入車であることが分かれば、買い取り前にしっかりと対策を取ることができるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る