盗難車の買取 窃盗団から買わないようにお店が行う駆け引きとは?

わけあり車というのはたくさんありますが、それは大きく分けて犯罪に関連するものとそうでないものとがあります。

後者の場合には、事故を起こしてしまった車や水没してしまった車というのがあります。こういった車の場合、なかなか値段をつけるのは難しいでしょうが買取自体は可能ですし、何ら違法なものではありません。

一方で、犯罪に関連している車と言うのは、盗難車です。盗まれてしまった盗難車は買取をしてもらうことができませんし、買取をしたらそれは犯罪となってしまいます。

車台番号

車には一台一台、別の車台番号と言うのが与えられています。

車台番号と言うのは、その車のIDナンバーのようなもので、車のボディの内側に刻印されており、その番号は車検証にも記載されています。

車を盗難したはいいものの、車検証が車の中にないと言う場合には、書類の不備と言うことで名義変更をすることができません。

車検証を再発行するにも、色々と書類を準備しなければならないので結構たいへんなのです。

名義変更

盗難車が買取できないのは、手続き上の理由もあります。

車を買取するためには、名義変更をしなければなりません。

その車の所有者を、今のユーザーから買取した人に移す手続きのことです。

名義変更をするためには、最寄の陸運支局に行って手続きをしなければなりません。車は財産ですので、名義変更をするにも様々な書類が必要となります。

名義変更をするためには、新旧の所有者の印鑑証明書を提出しなければなりません。印鑑証明書と言うのは、役場に印鑑を登録して身分証明をしたという書類のことで、印鑑証明書と言う紙を発行してもらうことで身分証明が可能です。

この紙は、本人しか発行申請をすることができませんので、本人のあずかり知らないところで買取り手続きをすることはできないというわけです。

買取店のカン

しかし、盗難車を何とか買取してもらおうと、窃盗団は色々なことを考えます。

そこで使われるのが、廃車にする予定の車です。

廃車にする際には、その車の所有者から印鑑証明書や車検証を当然預かっています。

廃車予定の車のボディから車台番号を削り取って、その車台番号を盗難車のところに「移植」をするのです。

そうすれば、盗難車は書類上「廃車予定の車」となります。

印鑑証明書と車検証は揃っているので、あとは委任状などを適当に作れば買取への障害はありません。

しかしそこで最後の障害となってくれるのが、買取店です。

買取点はエンジン周りをくまなく見て、必ず車台番号を確認します。移植した車台番号は、他のパーツから浮いた存在となっていることが多く、これは移植された車台番号だとピンと来るのです。

買取店としても、盗難車を買取してしまっては信用に関わりますので、「後日陸運局に確認します」と言います。すると、窃盗団の人はあきらめていくのです。

保険会社が関係している場合も

保険会社が絡んでいる場合もあります。

それはどういうことかというと、盗難車が保険会社の盗難保険に加入していたときです。盗難保険を支払ったあとに盗難車が発見されれば、その車の所有権は被害者のユーザーさんではなく保険会社に移るのです。

保険会社は、その車を売って支払った保険金の補填が出来るのならばということで、「元」盗難車を中古車のオークションに出品したり、買取に出すこともあるようです。もちろん、保険会社がそのようなことをするのはなんら違法ではありません。

被害者のユーザーさんは、一定期間内に保険金を全額返金すれば、所有権を取り戻すことが出来ます。盗難車にも様々な種類がありますが、一部のケースを除き、盗難車を買取してもらうことはできません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る